ページの先頭です

ラップ口座とは

ファンドラップ(ラップ口座)とは

ファンドラップとは、投資家が証券会社と投資一任契約を結び、運用方針を示したうえで、実際の資産の運用・管理を専門家(みずほ証券)に任せる金融サービスです。

ファンドラップ(ラップ口座)とは

ファンドラップ(ラップ口座)のメリットとデメリット

ファンドラップの主なメリット

  • 運用から管理・報告まで証券会社に任せることができる(投資一任契約)
  • 投資意向をふまえたリスク許容度に応じて、国際分散投資が可能

ファンドラップの主なデメリット

  • 投資信託に組み入れられた株式や債券等の価格が変動すること、またはその発行者等の信用状況が悪化して価格が変動することなどにより、投資信託の基準価額が下落する可能性がある
  • 為替レートの変動によって、基準価額が下落する可能性がある
  • 契約資産に対して毎年一定の手数料がかかるため、コスト負担が重くなる場合がある

ファンドラップの基本的なプロセス

サービスの流れ

サービスの流れ

  • 投資一任契約とは、投資家が証券会社等(投資運用業者)に金融商品の価値等の分析に基づく投資判断の全部を一任するとともに、投資判断に基づき投資を行うのに必要な権限を委任していただく契約です。

次のような投資家におすすめ

「将来のインフレに備えたいけど、何に投資していいか分からない」
「忙しくて資産運用を考える時間が取れない」
「保険の満期金や退職金が入ったので運用したい」

ファンドラップにかかる費用

投資一任契約に対する手数料(報酬)は固定報酬型と成功報酬型があります。
そのほか、投資対象である投資信託の運用管理費用(信託報酬)等と利益に対しての税金がかかります。

みずほファンドラップ

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ