ページの先頭です

債券投資の方法

債券の種類

債券は、国や地方公共団体などが発行する債券(公共債)、民間企業が発行する債券(事業債)、外国で発行される債券(外国債)、の大きく3つに分けられます。
国や地方公共団体などが発行する債券には、国債、個人向け国債、地方債などがあり、民間企業が発行する債券には、普通社債などがあります。
外国で発行される債券には、外貨建てまたは円建ての社債や国債、国際機関債等があります。

債券にはどんな種類があるの?

国や地方自治体が発行する債券は公共債、民間の事業会社が発行する債券は事業債と区別されます。
また、外国の政府や一般企業が発行する債券は、外国債券と呼ばれます。

債券にはどんな種類があるの?

債券の選び方

利率と利回り

額面金額に対し毎年受け取る利息の割合のことを利率といいます。利率は債券を発行するときの市場金利の水準や発行者の信用度などによって決まります。また利率は、クーポンともいいます。利率には固定利率と変動利率があります。一方、「利回り」とは、投資金額に対する利子と収益を併せた年間収益の割合です。この「利率」と「利回り」は債券選びの大切なポイントの一つです。

利回りをチェック

債券には約束された利率がありますが、すでに発行されている債券(既発債といいます)を買う場合は、その利率がそのまま収益になるわけではありません。購入価格と利率を考慮した最終的な収益性を表す「利回り」で判断します。債券の収益比較をする際に必要な方法ですので覚えておきましょう。

利回りの計算方法

新しく発行されるときに債券を買う場合(新発債)は購入価格と額面金額が同じものが多いので、その場合は、満期まで保有すれば利回り=利率となります。

債券投資のメリットとデメリット

発行通貨をチェック

外貨建て債券へ目を向ければ投資のチャンスが広がります。身近な米ドルのほかに、ユーロ、豪ドル、ブラジルレアルなど、さまざまな通貨で発行される債券に投資することができます。外貨建て債券への投資は、世界各国の政治・経済・社会情勢等によって変動する為替相場等の影響を受けるので、投資する債券の通貨に関係するリスクをチェックしておきましょう。

発行通貨をチェック

償還期限をチェック

債券には、さまざまな償還期限(満期になってお金が返ってくるまでの期間)がありますので、運用予定期間に合せて満期償還となる債券を選ぶと良いでしょう。一般に途中換金も可能ですが、売却価格は金利情勢等により変動しますので、特に使用目的が決まっている場合は、それに応じた償還期限の債券を選ぶ方が堅実です。

格付けってなに?

債券の元利金支払いの確実性を「格付会社※3」が評価し、その度合いを格付会社ごとにランク付けしたものです。
一般に、格付けの高い債券ほど利回りは低く、格付けの低い(信用力の低い)債券ほど信用リスクが高まるため、利回りは高くなる傾向にあります。

  • 3 将来の信用力の評価に対する格付会社の意見であり、元利金支払いの確実性を保証するものではありません。

格付けってなに?

債券投資の手数料

債券を募集・売出しなどにより購入する場合は、購入対価のみをお支払いください。

みずほ証券の手数料

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ