ページの先頭です

信用取引で必要なコスト

どんな費用を払うの?

買建・売建 比較表

信用取引では、取引の売買代金のほかに状況に応じてさまざまな費用を支払う必要があります。
費用は買方と売方で次のようなものがあります。

  買建取引

借りた資金で株を買う

売建取引

借りた株を売る

株式委託手数料 支払い 支払い
信用取引金利 支払い 受け取り(注2)
品貸料(逆日歩) 受け取り 支払い
信用管理費 支払い 支払い
貸株料 - 支払い
名義書換料 支払い -
  • (注)株式委託手数料および管理費には、別途消費税がかかります。
  • (注2)現在は売り方金利はゼロのため、売建取引を行ったとしても信用取引金利を受け取ることはできません。

信用取引金利とは

「信用取引金利」には「買方金利」と「売方金利」があります。
買方金利は、買建玉があるお客さまにご負担いただく費用です。証券会社から資金を借りて株を買った日から返済するまで、借りた金額に対して支払う利息額のことを「買方金利」(または「日歩」)といいます。買方金利は取引のない休日も含めて1日単位で計算されるので留意が必要です。
売方金利とは、売建玉があるお客さまが受け取る金利です。証券金融会社から貸し株の担保として預け入れる金銭に対し、証券金融会社から証券会社を通じて金銭を受け取ることができます。しかし、現在売方金利はゼロのため、売建取引をしても金利を受け取ることはできません。

ネット信用取引の手数料・諸経費

品貸料(逆日歩)とは

品貸料(逆日歩)のしくみ

品貸料(逆日歩)とは、信用取引において、証券金融会社(証券会社に資金や株式を貸す事業を行っている会社)の株が不足し、機関投資家から株式を借りるときの調達料のことで「品貸料」ともいわれます。
品貸料(逆日歩)が発生した銘柄は、売り方は品貸料(逆日歩)を支払わなければならず、買い方は品貸料(逆日歩)を受け取ることができます。

逆日歩銘柄の確認方法

品貸料(逆日歩)の支払いを防ぐために、これから売建取引を行おうとする銘柄に品貸料(逆日歩)が発生しているかをチェックすることが重要です。

「銘柄情報」画面の「株価」の見出しより、逆日歩や信用残など、信用取引に関する情報を確認できます。

その他費用

その他に、信用取引では次のような費用が発生します。

株式委託手数料
売買が成立したときに発生する手数料です。

信用管理費
売建のために借りる株に対してかかる貸付料です。証券金融会社が証券会社を通じて、売建玉があるお客さまにご負担いただきます。逆日歩とは異なり、買建玉があるお客さまが受け取ることはできません。

貸株料
新規買建や新規売建の取引が成立してから1ヵ月経過するごとに発生する事務管理費用です。

名義書換料
買建銘柄が決算期を迎えた場合に発生する権利処理費用です。

  • (注)みずほ証券の「ネット信用取引サービス」では、個人のお客さまのお取引にかかる返済手数料は無料です。
ページの先頭へ