ページの先頭です

資産運用のリスクとリターンについて知っておきましょう

自分のお金を増やすために、貯蓄したり投資したりすることを資産運用といいます。
資産運用を行ううえで、リスクとリターンの関係を知っておきましょう。
目的に応じた金融商品を選ぶために役立ちます。

リスクとリターンとは?

「リスク」というと「損をする・危ない」といったイメージで受けとめがちですが、資産運用のうえでの「リスク」は「不確実なこと・値動きの振れ幅」として使われます。また、「リターン」とは運用によって得られる収益のことをいいます。(リターンがマイナスの場合もあります。)

リスクとリターンとは?

どんなリスクがあるの?

金融商品のリスクは一般にその収益(リターン)の振れ幅を意味しますが、
その収益(リターン)を左右するさまざまなリスクがあることも覚えておきましょう。

価格変動リスク 金融商品の値動きによるリスクです。金融商品の価格は景気動向、企業業績、為替相場などさまざまな要因により日々変動しています。金融商品の価格の変動により、期待していたリターンが得られず、損失を被ることがあります。
金利変動リスク 金利と債券価格の変動によるリスクです。一般に、金利が上がると債券価格は下落し、金利が下がると債券価格は上昇します。債券を組み入れている投資信託の基準価額も金利変動の影響を受けます。
信用リスク 元本や利子が予定通り支払われないリスクです。株式等や債券などを発行している企業や地方公共団体の経営状態・財務状態が悪くなると、株式や債券、投資信託等の金融商品の価格は値下がりします。
為替変動リスク 為替相場の変動により、外貨建の金融商品の価値が変動するリスクです。投資した時よりも円高になると、外貨建の金融商品を円で受け取った場合の価値が下がることになり、損失を被る場合があります。円安の場合は、その逆となります。
カントリーリスク 国の信用リスクのことです。海外の株式や債券、それが組み込まれている投資信託等の金融商品の値動きに影響します。国の政治や経済、社会情勢の状況によりリスクが変化します。

リスクとリターンは表裏一体

リスクとリターンの関係は、表裏一体の関係といえます。一般に、「リスクが大きなものほどリターンが大きい(ハイリスク・ハイリターン)」「リスクが小さいものほどリターンが小さい(ローリスク・ローリターン)」という傾向があります。

リスクとリターンの関係

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ