ページの先頭です

資産運用の必要性その2 「お金の価値と寿命」

資産運用にあたりまず知っておきたい2つのポイント

Point1 お金の価値は経済の状況で変わります

物価が将来上昇する可能性に備えることも大切

過去20年の間、物価はほぼ一定の水準で推移してきました。一方で、40年前と比較すると、現在の物価は約1.7倍※となっています。
10年先、20年先のことは予測が困難となる中、わたしたちを取り巻く環境が大きく変化するリスクに対して備えることも大切です。

  • 出典:総務省「消費者物価指数」

消費者物価指数

Point2 貯蓄したお金には「寿命」があります

極めて低い水準が続く政策金利

ここ20年近く、日本の政策金利はとても低い水準で推移しています。このような状況下では、預貯金だけでお金をふやすのは難しいでしょう。
今後、インフレに転じた場合、金利の上昇は期待できますが、物価の上昇率が金利を上回った場合、預貯金している資産の価値は目減りします。

各国の政策金利の推移(1995年~2017年)

各国の政策金利の推移(1995年~2017年)

  • 出所:みずほ銀行調べ
    このグラフは過去の短期金利の推移を示すものであり、将来の金利等について示唆あるいは保証するものではありません。

資産運用することでお金の寿命を延ばす

貯蓄したお金にも「寿命」があることをご存じですか?大切な資金をどう長生きさせるか、あなたのお金に働いてもらうために、しっかりと考えてみましょう。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ