ページの先頭です

WEBサイト利用時のセキュリティ対策について

お客さまがインターネットサービスを安全にご利用になれるよう、パソコンのセキュリティ対策のご注意点を掲載いたします。

ソフトウェアのアップデートについて

OSやブラウザ等のソフトウェアのバージョンが古い場合、システムの脆弱性を突くウイルスに感染する可能性があります。

ウイルスに感染するとパソコンやスマートフォン、タブレットの情報が盗み取られたり、ファイルが暗号化され元に戻すための身代金を要求されたりすることがあり非常に危険です。OSやブラウザ等のソフトウェアは常に最新の状態にすることが大切です。
非公式のアプリマーケットで配布されるスマートフォンのソフトウェアは、ソフトウェアの審査がされていないためインストールによりウイルスに感染する可能性がありますので、公式のアプリマーケット(Android:Google Play iPhone:App Store)からダウンロードしましょう。

ソフトウェアのアップデートについて

ウイルス対策ソフトについて

お使いのパソコンにウイルス対策ソフトを導入することで、ウイルスに感染するリスクを減らすことができます。

ウイルス対策ソフトは、最新のウイルス定義ファイルに常にアップデートした状態でご利用ください。

ウイルス対策ソフトについて

パスワードの使いまわしは危険!

複数のインターネットサービスで同じアカウント ID、パスワードを使い回すことにより、インターネットサービスへの不正なログイン、いわゆる「パスワードリスト攻撃」による被害が継続的に発生しています。

このような被害を防ぐために、次の対策をとりましょう。

  • 同じパスワードを使い回さない
    複数のインターネットサービスで同じパスワードを使うことにより、攻撃者が何らかの方法でインターネットから入手したIDとパスワードの情報をもとに行うリスト攻撃と呼ばれる手段で第三者から不正にログインされる可能性が高まります。
  • 複雑なパスワードにする
    名前や生年月日、数字などの単純な文字の並びをパスワードに設定することにより、他人にパスワードを推測され、インターネットサービスに不正にログインされる可能性が高まります。
  • IDやパスワードを記述したファイルをパソコンやスマートフォン、タブレットの中に保管しない
    IDやパスワードが記述されたファイルをパソコンやスマートフォン、タブレットに保管している場合、ウイルスに感染した際に、その情報が盗み取られ、不正にログインされる可能性があります。
パスワードの使いまわしは危険!

不審なログイン画面に注意!

当社WEBサイトのログイン画面を模倣した画面に誘導されて、お客さまコード、パスワードを入力してしまった場合、お客さまコード、パスワードが盗み取られ、悪用される可能性があります。

不審な画面には、お客さまコード、パスワードは絶対に入力しないでください。

不審なログイン画面に注意!
ページの先頭へ