ページの先頭です

みずほファンドラップ

みずほファンドラップ

「資産運用も専門家に任せる」という時代になりました

みずほファンドラップは、お客さまの投資意向やリスクに対するお考えに合わせて、異なるタイプの投資信託を組み合わせて運用する資産運用サービスです。

相談会予約 資料請求 セミナーを探す

選べる2つのファンドラップ

ファーストステップ

お客さまのリスクに関するお考えに沿ったリターンを目指す運用を行います。

マイ・ゴール

運用資産全体のリスクを一定に保つことで、中長期に安定した運用成果を目指します。

「みずほファンドラップ」の魅力

1 運用から管理・報告までみずほ証券にお任せ

2. お客様のご意向に沿った運用

3. 高度な国債分散投資手法

1 運用から管理・報告までみずほ証券にお任せ

資産運用・管理のプロセス

資産運用・管理のプロセス

  1. 1.ヒアリング診断
    ヒアリングシートによりお客さまの運用に関するご意向をお伺いし、お客さまのリスク許容度(注)を診断します。
  2. 2.提案
    投資計画書により、お客さまに相応しい運用コースを提案します。
  3. 3.契約
    お客さまとみずほ証券との間で投資一任契約を締結します。
  4. 4.運用
    みずほ証券との間で投資一任契約に基づいて運用を行います。
  5. 5.報告
    四半期ごとに運用報告書を作成し、運用状況等を報告します。
  6. 6.コンサルティング
    運用コース見直し等のコンサルティングを書面等で行います。
  • (注)リスク許容度:投資家が許容できる運用財産評価額の値動きの幅

みずほファンドラップによる資産運用(イメージ)

みずほファンドラップによる資産運用(イメージ)

  • (注)みずほファンドラップの投資一任契約:
    お客さまは当社に金融商品の価値等の分析に基づく投資判断の全部を一任するとともに、投資判断に基づき投資を行うのに必要な権限を委任していただきます。

2. お客様のご意向に沿った運用

みずほファンドラップでは、

  • ヒアリングシートにご回答いただくことで、お客さまの投資意向や「リスク」に関するお考えを伺い、お一人おひとりの「リスク許容度(注)」を判定します。(診断・判定は無料です)
  • 投資計画書をお渡しし、お客さまの「リスク許容度」に相応しい運用コースをご提案します。
  • (注)「リスク許容度」:投資家が許容できる運用財産評価額の値動きの幅

リスクとリスク許容度

リスクとリスク許容度

  • 資産運用における「リスク」とは、収益(リターン)の値動きの幅のことを指します。
  • 中長期で資産運用を行うには、自分のリスク許容度(投資家が許容できるリスク)の範囲内で運用財産の時価評価額が推移することが重要です。
  • *図はイメージであり、将来の動向や投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

ヒアリングシート(イメージ) 投資計画書(イメージ)

無料診断受付中

ご自身のリスク許容度を確認されてみませんか?

  • ご希望の方には「ヒアリングシート」をお渡ししています。
  • お客さまの運用に関するご意向を客観的に分析して、投資計画書を作成します。
  • お客さまご自身で金融商品に投資する際にも参考になります。

お問い合わせはこちら

3. 高度な国債分散投資手法

  • 資産運用における「リスク」を低減させて安定的なパフォーマンスを得るには、異なる地域・異なる資産への分散投資(国際分散投資)が効果的です。
  • 例えば、代表的な世界の8つの資産に均等投資した場合(分散ポートフォリオ)のパフォーマンスは、他の一つひとつの資産のパフォーマンスに比べて相対的に安定した順位で推移してます。

各資産の年間パフォーマンス順位(2006年~2015年)

各資産の年間パフォーマンス順位(2006年~2015年)

出所:ブルームバーグのデータよりみずほ証券作成

  • 日本株式:TOPIX(配当込み)、世界株式:MSCIコクサイ・インデックス、新興国株式:MSCIエマージング・マーケット・インデックス、日本債券:NOMURA-BPI 総合、世界債券:シティ世界国債インデックス(除く日本)、新興国債券:JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイド、先進国REIT:S&P先進国REIT指数(配当込み)、コモディティ:ブルームバーグ商品指数、分散ポートフォリオ:各資産(8資産)を均等に保有し、毎月末にリバランスを行った場合のパフォーマンス(みずほファンドラップにおける資産配分は、各資産クラスへの均等投資ではありません)、いずれも円ベース
  • (注)当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、表はみずほファンドラップの運用実績を示すものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。

選べる2つのファンドラップ

ファーストステップ

お客さまのリスクに関するお考えに沿ったリターンを目指す運用を行います。

マイ・ゴール

運用資産全体のリスクを一定に保つことで、中長期に安定した運用成果を目指します。

報酬(手数料)等について

  • みずほファンドラップ ファーストステップの投資一任契約に関する報酬(手数料)は、固定報酬型のみであり、「基本報酬として運用財産評価額に対し最大1.620%(税込み・年率)の額」となります(2015年12月1日以降に新規で契約されるお客さまが適用になります)。みずほファンドラップ マイ・ゴールの投資一任契約に関する報酬(手数料)は、固定報酬型と成功報酬型があり、固定報酬型は「基本報酬として運用財産評価額に対し最大1.620%(税込み・年率)の額」、成功報酬型は「基本報酬として運用財産評価額に対し最大1.296%(税込み・年率)の額」+「成功報酬として実質運用益の10.8%(税込み)の額」となります。
  • みずほファンドラップ ファーストステップにおける投資信託では、運用管理費用(信託報酬:純資産総額に対し最大1.0476%(税込み・年率))およびその他の費用をご負担いただきます。その他の費用は運用状況により変動するため、上限額等を表示することができません。みずほファンドラップ マイ・ゴールにおける投資信託では、運用管理費用(信託報酬:純資産総額に対し最大0.7128%(税込み・年率))およびその他の費用をご負担いただきます。その他の費用は運用状況により変動するため、上限額等を表示することができません。また、一部の投資信託において、信託財産留保額として換金時の基準価額に対し、最大で0.3%を乗じた額が控除されます。
  • (注)報酬(手数料)等に関する消費税率は8%で表示されています。税率が改定された場合、改定後の税率が適用されます。

リスクについて

  • みずほファンドラップは、投資信託を組み合わせて運用するサービスとなっているため、組み合わせた各投資信託のリスクが内包されています。組み合わせた各投資信託の値動き等の影響により投資元本を割り込み損失を被ることがあります。したがって、投資元本が保証されているものではありません。

確認事項

  • ご契約にあたっては、契約締結前交付書面や投資信託説明書(交付目論見書)をよくお読みください。

お問い合わせ

ファンドラップのご相談につきましてはお近くのみずほ証券のお取引店、またはコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

コールセンター

総合ダイヤル

フリーダイヤル0120-324-390
受付時間
平日 8時30分~21時00分
土・日・祝日 9時00分~17時00分(年末年始を除く)
ページの先頭へ