ページの先頭です

ファンド詳細

みずほGSハイブリッド証券ファンド ユーロクラス(毎月分配型)

ケイマン諸島籍/オープン・エンド型契約型公募外国株式投資信託

運用会社 ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・エル・ピー
販売用資料
運用レポート
目論見書
お取り扱い窓口(※) 店舗  コールセンター
  • 上記にてご購入のお申し込みを承っております。

お申込メモ

ファンド名称 みずほGSハイブリッド証券ファンド ユーロクラス(毎月分配型)
ファンド形態 ケイマン諸島籍/オープン・エンド型契約型公募外国株式投資信託
通貨 ユーロ
主な投資対象 世界の金融機関が発行するハイブリッド証券を中心に投資を行います。
ファンドの特色
  • 金融機関の期限付劣後債および普通社債に投資しつつ、永久劣後債や優先証券等にも投資を行います。
  • 劣後債や優先証券などのハイブリッド証券は、一般の債券よりも高い利回りが期待できます。一方で、発行体の債務不履行(デフォルト)時における法的弁済順位が一般の債券よりも低く設定されており、また、利息や配当の支払繰延条項を有する証券があるなど、ハイブリッド証券固有のリスクがあります。
  • 世界の金融機関が発行する債券や優先証券を主要投資対象とするケイマン諸島籍の外国投資信託「グローバル・サブオーディネイティド・デット・セキュリティーズ・サブ・トラスト(以下「マスターファンド」といいます。)」を通じて実質的な運用を行います。
  • 本ファンドおよびマスターファンドの運用はゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが行います。
  • (注)市況動向や資金動向その他の要因等によっては、運用方針に従った運用ができない場合があります。
設定日 2011年5月13日
信託期間 2024年10月15日まで
ファンド営業日 原則として、ロンドン、ニューヨークおよび東京における銀行営業日ならびにニューヨーク証券取引所の営業日または管理会社が投資顧問会社と合意のうえ、別途定める日。
収益分配 原則として、毎月12日(ファンド営業日でない場合は翌ファンド営業日)に収益分配を行います。
  • (注)運用状況によっては、分配金の金額が変わる場合、あるいは分配金が支払われない場合があります。
買付
お買付申込 毎ファンド営業日の午後4時まで受け付けます。
お買付価格 お買付申込日における1口当たり純資産価格
お買付単位 1口以上1口単位
払込期日 国内約定日(申込注文の成立を販売会社が確認した日。原則としてお買付申込日の翌国内営業日。)から起算して4国内営業日目まで
買戻(ご換金)
買戻申込 毎ファンド営業日の午後4時まで受け付けます。
買戻価格 買戻申込日における1口当たり純資産価格
買戻単位 1口単位
お支払日 国内約定日(申込注文の成立を販売会社が確認した日。原則として買戻申込日の翌国内営業日。)から起算して4国内営業日目以降

手数料および費用等について

  • (注)当該手数料および費用等の合計額については、ファンドの保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
お申込時に直接ご負担いただく費用
お申込手数料
(税込み)
1,000口未満 3.240%
1,000口以上1万口未満 2.160%
1万口以上3万口未満 1.080%
3万口以上 0.540%
投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用
運用管理費用
(信託報酬)
管理報酬 年間上限4万1千米ドル
受託報酬 年間上限1万米ドル
管理事務代行報酬および保管報酬 年間上限4万8千米ドル
登録・名義書換事務代行報酬 年間上限2千米ドル
投資運用報酬 純資産総額に対して年率0.10%
販売報酬 純資産総額に対して年率0.60%
代行協会員報酬 純資産総額に対して年率0.20%
組み入れるマスターファンドに係る管理報酬等 純資産総額に対して年率0.55%
  • (注)なお、マスターファンドは、余資運用の一環として主に短期債券等を投資対象とするファンドへ投資することがあり、かかる場合においては当該ファンドの管理報酬等(マスターファンドの純資産総額の年率0.0175%相当を上限とします。)を間接的に負担します。
その他費用 設立費用、募集関連費用、信託事務の諸費用、監査費用、弁護士費用、印刷費用、有価証券売買時の売買委託手数料、保管費用等の実費を信託財産より間接的にご負担いただきますが、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示することができません。
  • (注)お客さまにご負担いただく手数料等の合計額については、お申込金額や保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
ご換金時に直接ご負担いただく費用
買戻手数料・信託財産留保額 ありません。

リスクその他のご注意

当ファンドのリスク

本ファンドは、マスターファンドへの投資を通じて主に世界の金融機関が発行するハイブリッド証券や普通社債に投資しますので、金利変動等による組入証券の価格の下落、発行体の破綻や財務状況の悪化等の影響により、純資産価額が下落し、損失を被ることがあります。また、各通貨クラスは実質的にそれぞれの通貨建てによる運用を目指しますので、当該通貨建てでは投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により、円換算ベースでは投資元本を割り込むことによる損失を被ることがあります。さらに、対象通貨によっては完全に為替ヘッジを行うことができないため、為替変動リスクを排除できるものではなく、為替変動の影響を受ける場合があります。これらの運用による損益はすべてご投資家のみなさまに帰属します。したがって、ご投資家のみなさまの投資元本は保証されているものではなく、純資産価額の下落や為替相場の変動により投資元本を割り込み、損失を被ることがあります。

信用リスク

債券の発行体の信用力の変化や格付けの変更により、債券価格が変動することや、財政難、経営不振、その他の理由により、利息や元本があらかじめ決められた条件で支払われなくなること(債務不履行)があります。信用力の低下、格付けの引き下げ、債務不履行が生じた場合、通常、債券価格は下落し、その結果、本ファンドの純資産価額が下落する可能性があります。

流動性リスク

有価証券などを売買しようとする場合、需要または供給が乏しいために、有価証券などを希望する時期に、希望する価格で、希望する数量を売買することができないリスクをいいます。特に流動性の低い有価証券などを売却する場合には、その影響を受け本ファンドの純資産価額が下落する可能性があります。本ファンドが実質的に投資対象とするハイブリッド証券は、一般に市場における流動性が相対的に低いため、市況によっては大幅な安値での売却を余儀なくされる可能性があることから、大きなリスクを伴います。

金利変動リスク

金利変動により債券価格が変動するリスクをいいます。一般に金利が上昇した場合には債券価格は下落し、本ファンドの純資産価額が下落する可能性があります。

ハイブリッド証券(劣後債および優先証券等)への投資に伴う固有のリスク

ハイブリッド証券(劣後債および優先証券等)への投資には、普通社債への投資と比較して、特に次のような固有のリスクがあり、価格変動リスクや信用リスクは相対的に大きいものとなります。

  1. 劣後リスク(法的弁済順位が劣後するリスク)
    一般にハイブリッド証券の法的な弁済順位は株式に優先し、普通社債等の債券より劣後します。したがって、発行体が破綻等に陥った場合、他の優先する債権が全額支払われない限り、元利金の支払いを受けることができません(法的弁済順位の劣後)。またハイブリッド証券は一般に普通社債と比較して低い格付けが格付機関により付与されていますが、その格付けがさらに下落する場合には、ハイブリッド証券の価格が大きく下落する可能性があります。
  2. 繰上償還延期リスク
    一般にハイブリッド証券には、満期日のある期限付劣後債や、満期日のない永久劣後債、優先証券などがあります。ただし、これらの証券には一般に繰上償還(「コール」と呼ぶことがあります。)条項が付与されており、繰上償還日に償還されることを前提として取引される傾向があります。市場環境等の要因によって、予定された期日に元本の繰上償還が実施されなかった場合、あるいは繰上償還されないと見込まれる場合には、当該証券の価格が大きく下落する可能性があります。
  3. 利払い繰延リスク
    一般にハイブリッド証券には、利息または配当の変更条項を有する証券があります。これらの証券においては、発行体の財務状況や収益動向等の要因によって、利息または配当が支払われない可能性や支払いが繰り延べられる可能性があります。
  4. 規制環境の変化に関するリスク
    ハイブリッド証券は、一般に規制当局や格付機関の認定基準に依存しており、当該規制や基準の変更がハイブリッド証券市場に大きな影響を及ぼす可能性があります。

為替変動リスク

本ファンドでは原則として各クラスのクラス通貨(クラス参照通貨)による為替ヘッジを行いますが、クラス参照通貨によっては通貨エクスポージャーを有効にヘッジすることができないことがあり、このような通貨エクスポージャーのヘッジを必ずしも保証するものではありません。これにより、為替変動リスクが排除できる保証はなく、為替変動の影響を受ける場合があります。
また、各クラスの純資産価額が、各クラス通貨では投資元本を割り込んでいない場合でも、為替変動により円換算ベースでは投資元本を割り込むことによって、ご投資家のみなさまが損失を被ることがあります。

管理会社、その他の関係法人

管理会社シーエス(ケイマン)リミテッド
投資顧問会社ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・エル・ピー
副投資顧問会社ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント・インターナショナル
受託会社ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・トラスト・カンパニー(ケイマン)リミテッド
保管会社・管理事務代行会社ブラウン・ブラザーズ・ハリマン・アンド・カンパニー
登録・名義書換事務代行会社RBC インベスター・サービシズ・バンク S.A.
総販売会社ゴールドマン・サックス・インターナショナル
代行協会員および販売会社みずほ証券株式会社
  • (注)当ファンドのお申し込みの際は、投資信託説明書(交付目論見書)および契約締結前交付書面等(目論見書補完書面を含む)をあらかじめお渡ししますので、必ずお受け取りになり、詳細をよくお読みいただき、投資に関してはお客さまご自身でご判断ください。なお、外国証券取引口座を開設されていない場合は、外国証券取引口座の開設が必要となります。
ページの先頭へ