ページの先頭です

ファンド詳細

インターナショナル・テクノロジー・ポートフォリオ

ルクセンブルグ籍 オープンエンド型外国投資法人(米ドル建)

投資顧問会社 アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
運用レポート
目論見書
お取り扱い窓口(※) 店舗  コールセンター
  • 上記にてご購入のお申し込みを承っております。

お申込メモ

ファンド名称 インターナショナル・テクノロジー・ポートフォリオ
ファンド形態 ルクセンブルグ籍 オープンエンド型外国投資法人(米ドル建)
通貨 米ドル
主な投資対象 主に世界の企業の有価証券に分散投資を行います。
ファンドの特色
  • ファンドの純資産額の80%以上を、テクノロジーの進歩・発展・改善により恩恵を受けることが予想される企業の有価証券に投資する予定です(例えば、新製品/製造方法の開発または製品製造方法の改良において広くテクノロジーを利用する企業)。
  • 潜在的成長性の観点から選定された世界の企業の有価証券に分散投資します。
  • かかる有価証券への投資はファンドの総資産額の3分の2を下回ることはありません。
設定日 2006年9月1日
信託期間 無期限
決算日 5月31日
分配方針 取締役会は現在、ファンド株式に関して配当金の支払いを行わない方針です。
約定日 お申込(ご換金)受付日の翌営業日
受渡日 お申込(ご換金)受付日より起算して5営業日目
お申込単位 10株以上10株単位
お申込価格 管理会社が購入申込を受領したファンド営業日に計算される1株当たり純資産価格
ご換金価格 管理会社が換金請求を受領したファンド営業日に計算される1株当たりの純資産価格

手数料および費用等について

  • (注)当該手数料および費用等の合計額については、ファンドの保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。詳しくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
お申込時に直接ご負担いただく費用
お申込手数料
(税込み)
5,000万円未満 3.240%
5,000万円以上1億円未満 2.160%
1億円以上3億円未満 1.080%
3億円以上 0.540%
ご換金時に直接ご負担いただく費用
信託財産留保額 ありません。
ご換金手数料 ありません。
投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用
運用管理費用
(信託報酬)
管理報酬 日々の平均純資産総額の300,000,000米ドルまでの部分:日々の平均純資産総額の年率1.20%
日々の平均純資産総額の300,000,000米ドルを超える部分:日々の平均純資産総額の年率0.95%
(管理報酬には、投資顧問報酬、株式サービス報酬、代行協会員報酬が含まれます。)
管理会社報酬 クラスI株式の日々の平均純資産総額に対して年率0.05%
保管報酬、管理事務代行報酬および名義書換代行報酬 保管報酬は、各月最終取引日の純資産総額に対して年率0.005%~0.50%(ただし、年次最低報酬額は10,000米ドル)

保管報酬等はそれぞれルクセンブルグの通常の慣行に従い、資産を基準とする報酬と取引手数料の組み合わせによる報酬をファンドの資産から受領します。かかる報酬の合計額は、ファンドの構成資産の規模、組入証券の発行国、組入証券の取引量等の要因によって変化します。

  • (注)管理事務代行報酬および名義書換代行報酬については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示することができません。
その他の費用
  • 当ファンドの資産および収益に課せられる一切の税金
  • 当ファンドの組入証券の取引に係る銀行手数料および仲介手数料等
  • 保管銀行の合理的実費およびコルレス銀行の保管料、名義書換代理人の合理的実費、監査報酬および弁護士報酬
  • 書面、通知、会計記録、届出書、目論見書および報告書の作成、翻訳、印刷費用等 これらは当ファンドが実費として負担します。
  • (注)その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を表示できません。

リスクその他のご注意

当ファンドのリスク

当ファンドは、その資産の大部分を世界のテクノロジー関連企業の株式に投資視しますので、当ファンドの組入株式の価格の下落や組入株式の発行会社の倒産や財務状況の悪化等の影響により、当ファンドの1株当たり順資産価格が下落し、損失を被ることがあります。
したがって、お客さまの投資元金は保証されているものではなく、当ファンドの1株当たり純資産価格の下落により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。また、当ファンドは米ドル建てですので、日本円によって投資されるお客さまの場合には、為替相場の変動によっては、換金時の円貨お受取額が円貨ご投資額を下回る可能性があります。投資信託は預貯金とは異なります。
当ファンドの1株当たりの純資産価格の変動要因としては、主に以下のようなものが挙げられます。

株価変動・市場リスク

経済・政治情勢や発行企業の業績等の影響で当ファンドの組入株式の相場が変動し、損失を被るリスクがあります。

信用リスク

当ファンドの組入株式の発行体が経営不安や倒産等に陥った場合に資金回収ができなくなるリスクや、それが予想される場合にその株価の下落で損失を被るリスクがあります。

為替リスク

当ファンドが米ドル以外の通貨建ての有価証券に投資する場合には、為替レートの変動により、損失を被ることがあります。当ファンドは米ドル建てですので、日本円によって投資されるお客さまの場合には為替相場の変動によっては換金時の円貨お受取額が円貨ご投資額を下回る可能性があります。

流動性リスク

市場規模や取引量が限られる場合などに、機動的に有価証券の取引ができない可能性があります。また、当ファンドが保有する有価証券が、期待された価格で処分できず、損失を被るリスクがあります。

カントリー・リスク

当ファンドの組入有価証券の発行国の政治・経済・社会情勢の変化で、金融・証券市場が混乱し、組入有価証券の価格が大きく変動する可能性があります。

テクノロジー産業リスク

当ファンドはその投資をテクノロジー関連企業に集中して行うため、テクノロジー産業に影響を与える諸要素に敏感であり、より広範囲の産業に投資するポートフォリオより、価格の変動幅が大きくなる可能性があります。

  • 詳しくは投資法人説明書(交付目論見書)をご覧ください。

管理会社、その他の関係法人

管理会社アライアンス・バーンスタイン・ルクセンブルグ・エス・エイ・アール・エル
投資顧問会社アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
保管銀行ブラウン・ブラザーズ・ハリマン(ルクセンブルグ)エス・シー・エイ

注意事項

ファンド営業日は、ルクセンブルグの銀行およびニューヨーク証券取引所の営業日です。

  • (注)当ファンドのお申し込みの際は、投資法人説明書(交付目論見書)および契約締結前交付書面等(目論見書補完書面を含む)をあらかじめお渡ししますので、必ずお受け取りになり、詳細をよくお読みいただき、投資に関してはお客さまご自身でご判断ください。なお、外国証券取引口座を開設されていない場合は、外国証券取引口座の開設が必要となります。
ページの先頭へ