ページの先頭です

新ファンドのご紹介 ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド 追加型投信/内外/株式

世界の経済成長をとらえるための、新たな選択肢~ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド~

世界経済は着実に成長を続けています。
この成長をとらえるための新たな選択肢として、みずほ証券では、
「ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド」の取り扱いを開始します。

ファンドの特色
主として世界の株式*に実質的に投資を行い、長期的な値上がり益の獲得をめざして運用を行います。

*DR(預託証券)もしくは株式と同等の投資効果が得られる権利を表示する証券および証書等を含みます。

  • ルクセンブルク籍外国投資法人「ファンドスミスSICAV-ファンドスミス・エクイティ・ファンド Iク ラス」(以下、「ファンドスミス・エクイティ・ファンド」といいます。)米ドル建投資証券と国内投資信託「DIAMマネーマザーファンド」受益証券を投資対象とするファンド・オブ・ファンズの形式で運用を行います。
  • ファンドスミス・エクイティ・ファンドの組入比率は、原則として高位を維持します。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジは行いません。このため、基準価額は為替変動の影響を受けます。
ファンドスミス・エクイティ・ファンドは、銘柄選定にあたり、世界の株式から業種・流動性・財務指標の各基準を用いて投資対象銘柄を絞り込み、その中から資本効率、ビジネスモデル、財務バランス、事業環境の変化への対応の観点などから優れていると判断される企業を厳選して投資を行います。
ファンドスミス・エクイティ・ファンドの運用は、ファンドスミス・エル・エル・ピー(以下、「ファンドスミス社」といいます。)が行います。

資金動向、市況動向等によっては、上記の運用ができない場合があります。

英国の投資家から信頼されるファンドスミス社が実質的に運用

ファンドスミス社は、2010年に
ロンドンで設立された独立系運用会社です。
英国の投資家から信頼を集め、設立から10年余りで、
同社の運用資産残高は約5.8兆円となりました。(2021年6月末時点)
*2021年6月末時点の為替(1英ポンド=153.16円)を使用。
出所:ブルームバーグ、ファンドスミス社のデータをもとにアセットマネジメントOne作成

著書『Accounting for Growth』

ファンドスミス社
最高経営責任者(CEO) 兼 最高投資責任者(CIO)

テリー・スミス

  • 1974年にバークレイズ銀行でキャリアをスタート
  • 自身の財務分析の手法をまとめた著書『Accounting for Growth』はベストセラーに
  • 2010年にファンドスミス社を設立
  • 英『Financial Times』紙に寄稿するなどメディアでも活躍、英国のウォーレン・バフェット*とも称される
    *「投資の神様」として知られる米国の著名投資家

著書『Accounting for Growth』

※上記は過去の情報であり、将来の運用成果等を
示唆・保証するものではありません。

ご参考

ファンドスミス社の旗艦ファンドのパフォーマンス
(英国籍、英ポンドベース、2010年11月1日~2021年9月30日)

下記は、当ファンドの主要投資対象である、ルクセンブルク籍外国投資法人「ファンドスミスSICAV-ファンドスミス・エクイティ・ファンド I クラス」米ドル建投資証券と同一の運用戦略で運用されている、英国籍外国投資法人「ファンドスミス・エクイティ・ファンド I クラス」英ポンド建投資証券のパフォーマンスを表しています。当ファンドまたは主要投資対象ファンドの運用実績ではありません。また、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。

  • *英国籍外国投資法人「ファンドスミス・エクイティ・ファンド Iクラス」英ポンド建投資証券を使用しています。
  • ※期間:2010年11月1日(旗艦ファンド設定日)~2021年9月30日(日次)
  • ※2010年11月1日を100として指数化
  • ※旗艦ファンドの運用実績は、運用費用控除後、分配金再投資、英ポンドベースのパフォーマンスです。
  • ※世界株式はMSCIワールドインデックス(配当込み、英ポンドベース)を使用していますが、旗艦ファンドのベンチマークではありません。
  • 出所:ブルームバーグ、モーニングスター・ダイレクトのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

ファンドスミス社が運用する英国籍の旗艦ファンドは
定性・定量の面で海外の評価会社から高い評価を受けています。

※当本数はモーニングスターにより定性評価を受けているものであり、モーニングスター・カテゴリーの本数全てではありません。

対象ファンドのリスク調整後パフォーマンスが、カテゴリー分類内のファンド群のなかで相対的にどのランクに位置するかを、5段階の星印で表示します。

  • ※2021年9月末時点
  • ※2021年11月15日に取得した2021年9月末基準のデータに基づいて作成しています。なお、データは変更になる可能性があります。
  • *EAA Global Large-Cap Growth Equityは欧州・アジア・南アフリカ(EAA)における世界大型成長株カテゴリーを指します。
  • ※上記は同一の運用戦略に基づき運用する英国籍の旗艦ファンドに対するものであり、当ファンドおよび当ファンドの主要投資対象ファンドに対する評価ではありません。
  • ※各評価は過去の運用実績に基づいた評価であり、将来の運用実績を示唆・保証するものではありません。

ファンドスミス社 CEO兼CIO(最高投資責任者)
テリー・スミス氏の「投資の10の黄金ルール」

テリー・スミス氏は著書において、
個人投資家が陥りやすい基本的なミスを回避するための10のルールを掲げています。

テリー・スミスの「投資の10の黄金ルール」
1.理解できないものには投資しない
2.マーケットタイミングを計らない
3.運用コストを最小限に
4.売買頻度を最小限に
5.過度な分散投資を避ける
6.税制上のメリットだけを重視して投資しない
7.投下資本に対して十分な見返りを得られない企業に投資しない
8.天才やカリスマ経営者に依存した企業に投資しない
9.投資したいと思えるビジネスに、適切な価格で投資する
10.優良企業に投資後は、株価の動きに一喜一憂しない
  • ※上記はテリー・スミスが2010年から2020年に執筆したコラム等をまとめた『Investing for Growth』(2020年出版)において説明している、個人投資家が陥りやすい基本的なミスを回避するためのテリー・スミスの「投資の10の黄金ルール」です。
  • ※上記は常に守られるものではなく、各ルールで運用ができない場合があります。
  • 出所:ファンドスミス社からの情報をもとにアセットマネジメントOne作成

ファンドスミス社の投資哲学

「優良企業を安く買って、長期保有する」という運用スタンスを掲げても、
市場の短期的な動きに惑わされず、実際にそれを実践するのは容易ではありません。
しかし、当ファンドの運用戦略は、市場の短期的な動きに惑わされることなく、
シンプルな3つの投資哲学を実践し、良好なパフォーマンスを残してきました。

~ファンドスミス社の投資哲学~

1.優良企業に投資する

現在成長していて、今後も成長し続けると判断した優良企業を発掘し投資を行います。
長期にわたって持ち続けることを前提として、長い時間をかけて優良企業かどうかを見極めます。

2.割高な水準は避ける

ファンドスミス社が合理的と判断した価格で、優良企業に投資を行います。
合理的と判断した価格であっても、優良企業ではないと判断した場合は投資を行いません。

3.頻繁な売買を行わない

投資判断の前提が変化したり、より魅力的な投資機会が現れたりしない限り、
市場が大きく変動しても保有し続けます。

※上記は2021年9月末時点の情報に基づくものであり、
予告なく変更される場合があります。
出所:ファンドスミス社からの情報をもとにアセットマネジメントOne作成

主要投資対象ファンドの運用実績

下記は、当ファンドの主要投資対象である、ルクセンブルク籍外国投資法人「ファンドスミスSICAV-ファンドスミス・エクイティ・ファンド Iクラス」米ドル建投資証券のパフォーマンスを表しています。当ファンドの運用実績ではありません。また、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。

  • ※期間:2013年3月13日(主要投資対象ファンド設定日)~2021年9月30日(日次)
  • ※2013年3月13日を100として指数化
  • ※主要投資対象ファンドの運用実績は、運用費用控除後、分配金再投資、米ドルベースのパフォーマンスです。
  • ※世界株式はMSCIワールドインデックス(配当込み、米ドルベース)を使用していますが、当ファンドまたは主要投資対象ファンドのベンチマークではありません。
  • 出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンドのご案内

~テリー・スミスの信念~

“今も、そしてこれからも”安定した成長が見込まれる優良企業に投資を行い、保有し続けることで投資家に安定的なリターンを提供したい。

みずほ証券では、この度、
テリー・スミスの信念に基づき設立されたファンドスミス社が実質的に運用する
「ファンドスミス・グローバル・エクイティ・ファンド」の取り扱いを開始いたします。

―2021年12月17日 募集開始―
ファンドスミス・
グローバル・エクイティ・ファンド

世界の株式のなかから安定した成長が見込まれる優良企業を厳選し、長期で投資

口座をお持ちでないお客さまは、今すぐ口座開設または店舗でご相談

いますぐ口座を開設したい方はこちら。

お近くの店舗でお気軽にご相談ください。

株式投資信託のご購入

インターネットからご購入できます。

お取引店でご購入できます。

ファンドの主な投資リスク

当ファンドは、投資信託証券への投資を通じて値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)に投資しますので、ファンドの基準価額は変動します。これらの運用による損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、投資元本を割り込み、損失を被ることがあります。
また、投資信託は預貯金と異なります。

当ファンドの基準価額の変動要因は次のとおりです。

○株価変動リスク ○為替変動リスク ○信用リスク 
○流動性リスク ○カントリーリスク 
○特定の投資信託証券に投資するリスク

  • 基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。くわしくは、当ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)にてご確認ください。

ファンドの費用等(みずほ証券でお申し込みの場合)

ご購入時 購入時手数料 購入価額に、3.3%(税抜3.0%)を上限として、別に定める手数料率を乗じて得た額となります。
ご換金時 換金時手数料 ありません。
信託財産留保額 ありません。
保有期間中
(信託財産から間接的にご負担いただきます。)
運用管理費用
(信託報酬)
ファンドの日々の純資産総額に対して年率1.8335%(税抜1.751%)概算
※上記はファンドが投資対象とするファンドスミス・エクイティ・ファンドを高位に組み入れた状態を想定しています。
その他の費用・
手数料
組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託事務の諸費用、外国での資産の保管等に要する費用、監査費用等が信託財産から支払われます。
※投資対象とするファンドスミス・エクイティ・ファンドにおいては、上記以外にもその他の費用・手数料等が別途かかる場合があります。 ※その他の費用・手数料については、定期的に見直されるものや売買条件等により異なるものがあるため、事前に料率、上限額等を表示することができません。
ご購入時
購入時手数料 購入価額に、3.3%(税抜3.0%)を上限として、別に定める手数料率を乗じて得た額となります。
ご換金時
換金時手数料 ありません。
信託財産留保額 ありません。
保有期間中
(信託財産から間接的にご負担いただきます。)
運用管理費用
(信託報酬)
ファンドの日々の純資産総額に対して年率1.8335%(税抜1.751%)概算
※上記はファンドが投資対象とするファンドスミス・エクイティ・ファンドを高位に組み入れた状態を想定しています。
その他の費用・
手数料
組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、信託事務の諸費用、外国での資産の保管等に要する費用、監査費用等が信託財産から支払われます。
※投資対象とするファンドスミス・エクイティ・ファンドにおいては、上記以外にもその他の費用・手数料等が別途かかる場合があります。 ※その他の費用・手数料については、定期的に見直されるものや売買条件等により異なるものがあるため、事前に料率、上限額等を表示することができません。
  • ※購入時手数料は、商品や投資環境の説明および情報提供等、ならびに購入に関する事務手続き等にかかる費用の対価として、販売会社に支払われます。
    税法が改正された場合等には、税込手数料等が変更となることがあります。
  • ※お申込みにあたっては、販売会社からお渡しする投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面などの内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

委託会社その他関係法人の概要

委託会社 アセットマネジメントOne株式会社 信託財産の運用指図等を行います。
受託会社 みずほ信託銀行株式会社 信託財産の保管・管理業務等を行います。
委託会社
アセット
マネジメント
One株式会社
信託財産の運用指図等を行います。
受託会社
みずほ信託銀行
株式会社
信託財産の保管・管理業務等を行います。

お問い合わせはお近くのみずほ証券またはコールセンターへ

コールセンター

総合ダイヤル

フリーダイヤル0120-324-390
営業時間
平日 8時00分~19時00分
土曜日 9時00分~17時00分(年末年始を除く)
ページの先頭へ