ページの先頭です

みずほ証券の強みと特徴

金融市場でトッププレゼンスを確立

みずほ証券は、業界トップの238 拠点の国内ネットワークを展開しています。
また、みずほ銀行の支店ロビー内にプラネットブースを設置する等みずほ銀行との共同店舗化を進め、お客さまに<みずほ>の総合金融サービスをワンストップで提供できるように努めています。
債券や株式の引受業務やM&A アドバイザリー等の投資銀行分野においても、常にトップクラスの実績を残し、高い評価を獲得しています。
また、リサーチでは、専門性の高いアナリスト、ストラテジスト、エコノミストが多数在籍し、著名な金融専門誌では、株式、債券・為替ともに、長年にわたりトップクラスのランキングを維持するなど、機関投資家のお客さまから高い評価をいただいています。

*2021年3月31日現在

株式アナリストランキング

2位

会社別人気ランキング

左右スクロールで表全体を閲覧できます

2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
日経ヴェリタス
株式人気アナリスト調査
1位 2位 2位 2位 2位

債券・為替アナリスト エコノミスト人気調査

2位

会社別総得点ランキング

左右スクロールで表全体を閲覧できます

2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
日経ヴェリタス
債券・為替アナリスト エコノミスト人気調査
1位 1位 2位 2位 2位

債券引受業務

国内公募債

金額1位

国内公募債総合

国内公募債総合 [2020年4月1日~2021年3月31日]

左右スクロールで表全体を閲覧できます

順位 会社名 引受金額(億円) シェア(%)
1 みずほ証券 46,424 21.2
2 SMBC日興証券 41,389 18.9
3 野村證券 41,170 18.8
4 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 38,721 17.7
5 大和証券 38,453 17.6

引受金額ベース、条件決定日ベース
普通社債、投資法人債、財投機関債、地方債(主幹事方式)、サムライ債、優先出資証券を含み、自社債を除く
(出所)リフィニティブの情報を基に、みずほ証券にて作成

SDGs債

金額1位

国内SDGs債 [2020年4月1日~2021年3月31日]

左右スクロールで表全体を閲覧できます

順位 会社名 引受金額(億円) シェア(%)
1 みずほ証券 5,923 26.8
2 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 4,151 18.8
3 野村證券 4,137 18.7
4 SMBC日興証券 4,014 18.1
5 大和証券 3,379 15.3

(出所)リフィニティブの情報を基に、みずほ証券にて作成

ハイブリッド債(事業会社)

金額1位

国内ハイブリッド債(事業会社) [2020年4月1日~2021年3月31日]

左右スクロールで表全体を閲覧できます

順位 会社名 引受金額(億円) シェア(%)
1 みずほ証券 6,103 32.1
2 大和証券 3,241 17.0
3 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 3,148 16.5
4 野村證券 3,026 15.9
5 SMBC日興証券 2,975 15.6

(出所)リフィニティブの情報を基に、みずほ証券にて作成

株式引受業務

金額2位

内外エクイティ総合

内外エクイティ総合 [2020年4月1日~2021年3月31日]

左右スクロールで表全体を閲覧できます

順位 会社名 引受金額(億円) シェア(%)
1 野村ホールディングス 10,142 22.6
2 みずほフィナンシャルグループ 7,060 15.7
3 大和証券グループ本社 6,591 14.7
4 三井住友フィナンシャルグループ 6,276 14.0
5 モルガン・スタンレー 4,093 9.1

引受金額ベース、条件決定日ベース
新規公開株式、既公開株式、転換社債型新株予約権付社債の合算(REIT含む)
(出所)リフィニティブの情報を基に、みずほ証券にて作成

M&Aアドバイザリー業務

件数2位

M&A公表案件

M&A公表案件 [2020年4月1日~2021年3月31日]

左右スクロールで表全体を閲覧できます

順位 会社名 件数(件) 取引金額(億円)
1 三井住友フィナンシャルグループ 121 36,205
2 野村證券 90 113,857
2 みずほフィナンシャルグループ 90 8,850
4 Deloitte 88 60,831
5 KPMG 72 7,577

取引金額ベース、日本企業関連、不動産案件除く
(出所)リフィニティブの情報を基に、みずほ証券にて作成

ストラクチャードファイナンス業務

件数・金額1位

総合ABS主幹事

総合ABS主幹事 [2020年4月1日~2021年3月31日]

左右スクロールで表全体を閲覧できます

順位 会社名 件数(件) 取引金額(億円)
1 みずほフィナンシャルグループ 156 13,296
2 三井住友フィナンシャルグループ 29 6,315
3 三井住友トラスト・ホールディングス 35 4,665
4 モルガン・スタンレー 11 4,396
5 野村ホールディングス 12 4,176

取引金額ベース、払込日ベース
(出所)2021年4月15日 9時00分時点のリフィニティブの情報を基に、みずほ証券にて作成(確定値公表前)

IPO(新規公開株)主幹事

2位

IPO主幹事

  • *1CAPITAL EYEのデータを基に作成。ブックランナーベース。REIT、グローバルオファリングを除く

『One MIZUHO』の推進

<みずほ>は、『One MIZUHO』のスローガンのもと、銀行・信託・証券等のさまざまな金融機能を結集して、お客さまの多様なニーズにお応えしています。
『One MIZUHO』のさらなる進化に向け、グループ力を活かした<みずほ>ならではの取り組みを加速させています。

みずほフィナンシャルグループ

銀・信・証の一体運営

『One MIZUHO』のスローガンのもと、銀行・信託・証券の一体運営を加速させ、お客さまの幅広い金融ニーズにお応えします。

プラネットブース

プラネットブース
みずほ銀行ロビー内でフルラインの証券サービスをご利用いただける、みずほ銀行との共同店舗です。

国内ネットワーク

業界トップ 238拠点

業界トップの238拠点の国内ネットワークを活かし、全国のお客さまにきめ細かなサービスを提供しています。
(2021年3月31日現在)

ページの先頭へ