ページの先頭です

ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&インクルージョンの推進

みずほフィナンシャルグループでは、多様な人材の成長と活躍の実現に向けた考え方をまとめた「ダイバーシティ&インクルージョン ステートメント」(PDF/194KB)」を掲げています。当社においても、社員一人ひとりの多様な視点や発想を日々の業務推進や意思決定に積極的に取り入れることで、革新性溢れる金融商品の開発、サービスの提供や業務プロセスの改革を実行し、新たな企業価値を創造していくことを目指しています。

当社における推進体制

みずほ証券では、みずほフィナンシャルグループ各社と一体でダイバーシティ・インクルージョン推進を行っています。
2020年度からは、みずほフィナンシャルグループCHROを委員長、各部門の業務推進を担当する部長を委員とする「ダイバーシティ・インクルージョン推進委員会」を新設し、各部門特性に応じたダイバーシティ&インクルージョン推進の加速化に取り組んでいます。

社員起点でのD&I推進にも注力しており、みずほ証券における重要な施策として位置づけています。
各部門・グループの課題に即したD・Iを推進するため、部門・グループを代表する社員約25名が人事部D・I室兼務者として活動しており、業務で培った知見を活かして推進施策を企画・運営しています。
また、全部店にD・I推進担当者を配置し、自部店内の推進を行うなど、職場ごとの業務特性を踏まえた様々な推進活動を展開しています。

多様な社員の活躍推進

  • 育児・介護と仕事を両立できるよう、各種制度の拡充とともに、ソフト面での支援を推進しています。
  • 女性の登用に関する数値目標を設定し、女性管理職の育成に向けて、若手から中堅、ベテランまでの各層ごとに研修等を実施し、飛躍できる機会を提供しています。
  • LGBT+アライ、女性の活躍推進、グローバル化推進、テクノロジーを起点とした価値共創といった、社員の自主的なコネクティビティ活動を、グループ全体で応援しています。

当社の数値目標

左右スクロールで表全体を閲覧できます

項目 数値目標 達成時期 直近実績
(2021年7月)
女性管理職比率(部長・課長相当職合算)*1 20% 2024年7月 18%

左右スクロールで表全体を閲覧できます

項目 継続して維持する水準 直近実績
(2020年度)
外国人ナショナルスタッフ管理職比率*2 65% 64%
女性新卒採用者比率(基幹職)*1 *3 30% 37%
有給休暇取得率*1 70% 70%
男性育児休業取得率*1 100% 98%
  • *1国内(みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券)合算
  • *2海外(みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券)合算
  • *3翌年4月入社

女性向け育成プログラムの様子のイメージ

女性向け育成プログラムの様子

主な活動

女性社員の活躍推進

  • 女性管理職育成のためのプログラムの実施
  • 女性管理職候補及び女性管理職向け研修の実施
  • 女性同士のネットワーキング活動の推進

育児・介護と仕事の両立支援

  • 育児・介護休業関連制度の充実・利用促進
  • 育児休業者向けセミナー等休業中のフォローアップ
  • 育児休業復帰者へのサポート
  • ワーキング・マザーのネットワーキング活動の推進

ワークライフバランスの推進

国籍・文化を超えたダイバーシティ

  • カルチャー・ダイバーシティ推進策の検討・実施

情報・意識の共有/意識改革

  • イントラネット上にダイバーシティ・フォーラムを開設
    • ロールモデルや事例の紹介
    • ダイバーシティに関する情報の共有・ガイダンス
  • ダイバーシティ・マインド浸透のための管理職研修
ページの先頭へ