ページの先頭です

年金制度の概要 年金について年金制度の概要

職業によって加入している年金は異なる

公的年金制度には、「国民年金」「厚生年金」があります。
どの年金制度に加入しているかは、職業によって異なります。

年金制度の全体像
国民年金

20歳以上60歳未満の人は全員加入します。
また、職業により第1号被保険者・第2号被保険者・第3号被保険者の3種類に分かれています。

  • 第1号被保険者・・・自営業者、フリーランス、学生、無職など
  • 第2号被保険者・・・会社員、公務員
  • 第3号被保険者・・・会社員または公務員に扶養されている配偶者
どの年金制度に加入しているかは、職業によって異なります。
厚生年金

厚生年金は会社員、公務員が加入します。厚生年金の加入者は国民年金に厚生年金を上乗せした年金を受け取ることができます。

(注)平成28年9月現在

上乗せすることができる年金

国民年金、厚生年金に上乗せされる「国民年金基金」「確定拠出年金」「企業年金」があります。

自営業者等が任意で加入することができるもの

自営業者やフリーランスの人は、任意で国民年金基金に加入することができます。

会社員の上乗せ年金

勤務先の会社が厚生年金基金や、確定拠出年金(企業型)などの企業年金制度を導入していれば、これらを上乗せして年金を受け取ることができます。

会社員の上乗せ年金

自営業者等、会社員(企業年金制度導入の有無を問わない)、公務員、専業主婦、すべての人が確定拠出年金(個人型)に加入することができます。

年金の保険料

年金の保険料は、加入制度によって異なります。

・第一号被保険者(自営業者・フリーランス・学生など)

国民年金保険料を自分で支払います。平成29年度の1ヵ月の保険料は16,490円です。

・厚生年金加入者(会社員、公務員)

厚生年金の保険料は、毎月の給与(標準報酬月額)と賞与(標準賞与額)に対して18.182%(平成28年9月〜平成29年8月の場合)をかけて計算され、これを会社と本人が折半して負担します。
保険料率は平成29年度まで毎年0.354%ずつ上昇する予定です。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ