ページの先頭です

お金をふやす方法「貯蓄」「投資」そして「受け継ぐ」

お金をふやす方法

ここでは具体的にお金をふやす方法を考えてみましょう。

ためる・ふやす・受け継ぐ

確実にお金をふやす方法は「働いて収入を得る」ことですが、収入は自分の意思だけで自由にコントロールできるものではありません。一方、貯蓄や投資は、自分の意思と資金があれば自由に行うことができます。相続については、親族の課題でもあるので自分だけでコントロールすることは難しい部分もありますが、前向きに話し合う、また事前の対策を行うことでスムーズな相続も可能になると思われます。

貯蓄・投資・相続の関係性
ためる「貯蓄」

ふやすというよりは、ふやすための元手をつくるのが「貯蓄」です。近い将来必要なお金を貯蓄でためます。
収益性よりも安全性を重視して、定期預金や普通預金等でお金をためていきます。

ふやす「投資」

将来のためにお金をふやすことが投資です。リターンを得るためにはある程度のリスクを覚悟しなければなりません。
少しでもリスクを軽減するためには、分散投資と長期運用が適しています。

受け継ぐ「相続」

財産に関係なく相続は発生します。財産をスムーズに相続することは、親族の大切な課題です。事前に相続対策をしっかり行っておくことで、相続する資産が明確になるほか、納税によりお金を減らしてしまうことも防げるでしょう。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ