ページの先頭です

リスク許容度を知っておこう

「リスク許容度」

リスクとは収益(リターン)の振れ幅のことですが、収益(リターン)がマイナスに振れてしまった場合、どれくらいまでならマイナスになっても受け入れることができるか、という度合いのことを「リスク許容度」といいます。
期待する収益(リターン)の最大値・最小値を並べると、大きなリスクをとれば、期待収益は高まりますが、その一方で損をする可能性もあります。一方、場合によっては期待以上に利益が出る可能性があることが分かります。


リスク許容度とは、「どれくらい投資元本がマイナスとなっても生活に影響がないか」「どれくらいまでなら投資元本がマイナスとなっても気持ち的/気分的)に耐えられるか」というものです。

「リスク許容度」

リスク許容度を考えるうえでのポイント

リスク許容度は、自分の資産や気持ちの余裕度ともいえます。その余裕度を計るうえでのポイントは以下の通りです。

リスク許容度を考える上でのポイント

投資は継続してこそ効果があります。お金(資産)がなくなってしまっては継続することができないばかりか、生活に影響が出てしまいます。どの程度まで資産が目減りしても生活に影響がなく、また、投資を継続することができるか、自分の家計や預貯金、ライフステージ、性格と照らし合わせて考えることが大切です。

あなた流!お金のふやし方診断

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ