ページの先頭です

投資信託の買い方選び方

投資信託の種類

投資信託には国内、海外の株式や債券、不動産(REIT)や商品(コモディティ)に投資するもの等さまざまなタイプのものがあります。数多い投資信託の中から投資の目的に合うものをみつけるためには、投資信託の種類を理解することが重要です。ここでは、どのようにして投資信託の種類を理解するかその主なポイントを紹介します。

【投資対象国・地域】どこの国・地域に投資しているか

日本国内から海外、特定の国から地域まで、投資信託の種類によって投資先はさまざまです。投資対象を国内のみならず海外にも広げれば、投資の機会も広がります。

国内 海外
【投資対象資産】どんな資産に投資するか

国内や海外の株式、債券、不動産(REIT)、商品(コモディティ)など、投資信託の種類によって投資対象の資産にはさまざまなものがあります。また、複数の資産に分散投資するバランス型と呼ばれるタイプもあります。

バランス型
【運用方針】どのような方針で運用するか

投資信託にはインデックス運用とアクティブ運用の主に2つのタイプがあります。インデックス運用とは、市場全体(市場平均)の動きを示す特定の指数(例えば日経平均株価等)に値動きが連動するように運用を行う方法です。アクティブ運用とは、運用の専門家であるファンドマネージャーが独自の調査や分析等に基づき銘柄や売買のタイミングを決める運用方法です。運用がうまくいけば、市場平均を上回る投資成果が期待できますが、市場平均を下回る場合もあります。

インデックス運用 アクティブ運用
【購入・解約】いつ買えるか、いつ解約できるか

追加型(オープン)と呼ばれる投資信託は、原則として営業日(海外休日を除く)にはいつでも購入・解約ができます。一方、単位型と呼ばれる投資信託は、購入は当初募集期間のみと限られていますが、解約は原則として募集期間後も可能です。
(注)購入から一定の期間解約できないクローズド期間を設けているものもあります。

追加型(オープン) 単価型

投資信託の選び方

老後の生活資金や住宅購入資金、子どもの教育資金や結婚資金等、人によって運用の目的はさまざまです。投資信託は種類が豊富ですので、投資対象の組み合わせなどにより、投資目的にあった投資信託が見つかるはずです。ここでは、どのようにして投資信託を選ぶか、主なポイントを紹介します。

投資信託選びの主なポイント

投資信託選びの主なポイント 一覧

ポートフォリオに合った投資信託を選んでみよう

将来に向けた資産形成には、自分に合ったポートフォリオを考えておく必要があります。
(詳しくは「自分に合ったポートフォリオを考えよう」
そのポートフォリオに合わせた投資信託選びをします。それには2つの方法が考えられます。

ポートフォリオの例
【その1】ポートフォリオに組み入れている投資対象ごとに投資信託を選ぶ
【その1】ポートフォリオに組み入れている投資対象ごとに投資信託を選ぶ

先進国の債券に投資している投資信託、国内株式に投資している投資信託といったように、ポートフォリオに組み入れられた投資対象を中心に投資をしている投資信託を選ぶ方法です。自分で資産配分を自由に変えたりすることができるなどのメリットがあります。

【その2】ポートフォリオと同じような投資配分がされている投資信託を選ぶ
【その2】ポートフォリオと同じような投資配分がされている投資信託を選ぶ

ポートフォリオと同じような投資先に同じような投資配分がされているバランス型のファンドを選ぶ方法です。自由に割合などを変更することはできませんが、もとの投資方針にそってバランスを見直ししてくれるので自分で投資配分を調整する手間が掛かりません。

商品名で分かる投資信託の内容

投資信託を選ぶ時、その投資信託がどのような性格のものかをひと目で知る方法があります。投資信託は、商品名からある程度その性格を知ることができるようネーミングされています。

投資信託の商品名は、最初に「投資信託会社名」、次に「投資対象」や「投資方法」というパターンが一般的です。例えば、「○○日本株式インデックス」なら、○○会社がつくった、日本株式に投資するインデックス型の投資信託。「△△グローバル・ボンド」なら、△△会社が作った世界(グローバル)の債券(ボンド)に投資する投資信託といったようにその商品性を読み取ることができます。

投資信託の内容を知るには?

「投資信託説明書(交付目論見書)」は、その投資信託についてさまざまな情報が記載されている重要な書類です。投資信託を購入する前には必ず目を通しましょう。

目論見書をチェックするうえでのポイント

目論見書をチェックするうえでのポイント

投資信託の手数料

投資信託は、購入時や保有時、換金時などに手数料や諸費用がかかります。運用コストであり、運用結果に影響しますのでしっかり確認しておきましょう。

投資信託にかかる主な手数料等

投資信託の手数料一覧

商品購入後は「運用報告書」でチェック

投資信託を購入した後、どのように運用され、その結果どのようになったかは、「運用報告書」によって知ることができます。投資信託ごとに決められている決算期に作成され送付されます。
・これまでの運用成績・今期の市況や基準価格、分配金などの運用経過・今後の運用方針

などがまとめられています。

トータルリターン

投資信託の収益を把握するためには、投資期間全体の分配金を含む累積損益(トータルリターン)を確認することが必要です。
トータルリターンの計算方法

「みずほ証券口座開設の流れ」

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ