ページの先頭です

年金保険と終身保険

年金保険と終身保険の違い

保険は万が一のときの経済的リスクをカバーするものですが、貯蓄性が高い保険を活用して将来のためのお金を準備することもできます。
年金保険終身保険がその代表格です。
ここでは、保険料を加入当初に一括して支払う「一時払」の場合について説明しています。

年金保険は、加入時に支払った一時払保険料を将来年金として受け取る保険です。
豊かなセカンドライフをおくるために公的年金だけでは不足する部分に備えるために活用することができます。

変額年金保険 定額年金保険

終身保険は、被保険者(保険の対象になる人)が死亡した場合に、
遺族が死亡保険金を受け取ることができるもので、保障期間は一生涯です。

変額終身保険 定額終身保険

年金保険終身保険とも、変額タイプと定額タイプがあります。
変額タイプは、一時払保険料を投資信託等で運用します。将来受け取る金額は運用実績に応じて変動します。
定額タイプは、将来受け取る金額があらかじめ決められているものです。

年金保険は一生涯年金を受け取れるの?

年金保険は、保証期間付終身年金や確定年金等さまざまな受取方法があります。
保証期間付終身年金は、被保険者が生存している限り一生涯にわたり年金を受け取れます。
保証期間中に被保険者が死亡した場合には、残りの保証期間の分は遺族が受け取ることができます。
確定年金はあらかじめ定めた一定期間、年金を受け取ることができるものです。
受取期間は5年、10年、20年などライフプランに合わせて選択できます。

年金保険は一生涯年金を受け取れるの? イラスト

死亡したら年金保険はどうなるの?

死亡したら年金保険はどうなるの? イラスト

万が一、運用期間中に被保険者が死亡した場合は、当初払い込んだ一時払保険料か、
その時点での運用実績である積立金額のいずれか大きい金額が死亡保険金として支払われます。
遺族が年金として受け取ることが可能な商品もあります。

年金・保険商品のリスクについて

変額年金保険・変額終身保険の積立金は、特別勘定を通じて国内外の株式・債券等で運用しているため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は払込保険料を下回る場合があります。
定額年金保険・定額終身保険は、商品によっては市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約返戻金に反映されるため、市場金利の変動により解約返戻金が払込保険料を下回る場合があります。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ