ページの先頭です

投資信託とは

投資信託とは?

投資信託とは、投資家から集めた資金をひとまとめの大きな資金とし、運用の専門家が株式や債券、不動産(REIT)等に投資し運用する金融商品です。その利益は投資家それぞれの投資額に応じて分配されます。投資信託のことを「ファンド」と呼ぶこともあります。このような仕組みにより少額で分散投資ができ、また、自分で直接行うことが難しい投資も可能になります。個別の有価証券(株式、債券)への投資に比べて、投資経験の少ない人でも投資へ参加しやすい仕組みが投資信託です。

投資信託の仕組み

投資信託の魅力とリスク

投資信託の魅力とリスクの一覧

投資信託の魅力

  • 1万円程度の少額から投資できる(少額投資)
  • さまざまな投資対象に分散投資できる(分散投資)
  • 投資家に代わってプロが運用する(運用のプロによる投資)
  • 証券会社に万一のことがあっても投資信託の資産には影響がない(分別管理)

投資信託の魅力

投資信託のリスク(例)

  • 投資している株式や債券などが値下がりして、投資信託の価格が下落する可能性がある(価格変動リスク)
  • 投資している株式や債券などの発行者が倒産して投資信託の価格が下落する可能性がある(信用リスク)
  • 流動性の低い株式や債券などを売却する場合、希望する時期・価格・数量で取引できない可能性があり、特に売却の際には投資信託の価格が下落する可能性がある(流動性リスク)
  • 外国通貨建ての株式や債券などに投資する場合、一般的に円高になれば投資信託の価格が下落する(為替)変動リスク

投資信託は値動きのある株式や債券等に投資するため、投資信託の価格(基準価額)は市場や金利等の動向により変動します。したがって、元本は保証されません。外国の株式や債券等で運用する投資信託は、為替変動や投資する国々の政治・経済状況等にも影響されます。

投資信託にはあらかじめ信託期間(運用期間)や運用資産残高の下限が定められています。大量の解約等により運用資産残高がその下限を下回ることになった場合、信託期間内でも投資信託の運用を中止し償還する場合があります(繰上償還)。この場合、投資元本を下回っていても繰上償還は行われます。
また、投資信託は運用開始にあたり、あらかじめ投資対象や投資方針等が定められています。しかし、ファンドマネージャーの交代等により、当初定めた投資対象や投資方針では運用を行うことが困難になる場合があります。この場合、投資対象や投資方針などが変更になる可能性もあり、それに伴い投資信託に新たなリスク等が生じることになります。

基準価額と分配金

投資信託の「基準価額」とは、投資信託が投資しているすべての資産を毎日の値段で時価評価し、それに投資している株式や債券の利息・配当収入を加え、費用を引いて、1口当たりで計算した投資信託の純資産です。1口1円で設定された投資信託は、例えば、1万口当たり9,800円とか、10,500円などのように基準価額が表示されます。 この基準価額は、証券会社の窓口やウェブサイト、また新聞などでも毎日確認することができます。
また、投資信託には純資産から支払われる「分配金」があり、個々の投資信託によって決められている定期的な決算が行われた際に投資家に対して分配されます。分配金が支払われた場合、その金額相当分、純資産が減少し基準価額は下落します。(預貯金の利息や債券の利子とは異なります)

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ