ページの先頭です

株式投資とは

株式投資とは?

企業が事業資金を集める方法の一つとして「株式」の発行があります。株式を投資家に購入してもらうことで資金を集めます。

発行市場

発行された株式は流通し、市場で売買されます。私たちは、証券会社を通して金融商品取引所に上場されている数千の国内株式等や外国株式を売買することができます。株価は、株式を売りたい人の売る数量と買いたい人の買う数量によって決まり、売りたい価格と買いたい価格が同じになったときに取引が成立します。
株式を購入した人のことを「株主」といい、株主には株主総会に参加して議決する権利(議決権)や配当金を受け取る権利などを得ることができます。

流通市場

株式投資の魅力とリスク

株式投資の最大の魅力は「値上がり益(キャピタルゲイン)」です。株価が安いときに購入し、値上がりしたあとに売却すればその差額が利益になります。 会社が利益を出したときに株主にその利益を分配する「配当金(インカムゲイン)」や、会社によっては株主に自社製品や優待券などを提供する「株主優待制度」もあり、株式投資ならではの楽しみのひとつです。

株式投資の魅力

  • 値上がり益が得られる(キャピタルゲイン)
  • 配当金を受け取れる(インカムゲイン)
  • 株主優待制度を受けられる

株式投資の魅力

株式投資のリスク(例)

  • 株価が値下がりする可能性がある(価格変動リスク)
  • 会社が倒産し、元本が回収できない可能性がある(信用リスク)
  • 銘柄によっては売買できない可能性がある(流動性リスク)

株式投資のリスク

株価は値上がりするだけでなく値下がりすることもあります(価格変動リスク)。また、会社の業績が減益となれば配当金が減ったり、株主優待が変更・廃止されたりする場合もあります。さらに、会社が倒産すれば一般に株式の価値はなくなります(信用リスク)。また、株式は売りたい人と買いたい人がいる場合に取引が成立するものなので、流通量が少ない銘柄の場合には売買できないこともあります(流動性リスク)。外国株式では上記の価格変動リスク・信用リスクに加え、為替変動リスクやカントリーリスクなどにも注意が必要です。

株価を動かす要因は?

株式の価格のことを「株価」といいます。株価を動かす要因は株式を発行している企業の「業績」などの内部要因がまず考えられますが、国内外の経済環境や為替相場などのマーケット動向(外部要因)にも大きく左右されます。

株価を動かす要因の図
相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ