ページの先頭です

債券投資とは

債券投資とは?

債券とは、国や地方公共団体、事業会社、金融機関などが資金調達のために発行する、お金の貸し借りの証拠となる一種の借用証書のことです。株式と同じく資金調達の手段の一つですが、株式と異なる点は、お金を“借りて”資金を調達すること。そのため、発行者は利息を支払いかつ約束の期限が来たら借りた金額である「額面金額」を返済する義務があります。この約束の期限のことを「償還期限」といいます。

債券は発行時に、利息の支払い、その利率、償還期限(満期)、額面金額、発行価格等、貸し借りの条件が定められています。発行された債券は流通し、売買されます。債券は証券会社を通じて購入することができます。

債券投資のしくみ

債券の発行者は国内外の政府から民間企業まで多種多様です。償還期限もさまざまで長期間の運用も可能です。一般的に、発行者の信用度に著しい変化がなければ償還期限まで定期的に利息を受け取ることができ、満期償還時には額面金額が戻ってきます(利付債の場合)。なお、償還期限前に売却して換金することも原則可能です。発行者の信用度が高ければ、比較的リスクが低い投資といえます。
ただし、債券は、金利の動向や政治・経済環境の変化に起因して価格が変動するので、途中売却した場合には利益が出る場合も損失が出る場合もあります。 利息や償還金が外国の通貨で支払われる債券は、為替相場にも影響されます。

債券に投資する際、安全性・収益性・流動性等の考慮すべきポイントがありますが、この3つすべてが優れた債券は存在しません。例えば、安全性が高ければ収益性が低い、あるいはその逆になる等常にトレードオフの関係にありますので、あなたの投資する目的に応じて、どれを優先し、債券投資を行うかというのはとても重要です。

債券の価格と市場金利の関係

債券の価格と市場金利の関係

債券は償還期限まで持っていれば、額面金額が戻ってきます。しかし、その途中では、市場金利の影響を受け、金利が下がると債券価格は上がり、金利が上がると債券価格は下がるといった価格の変動が起こります。

例えば、利率が3%、100万円の債券を購入したとします。(満期までは1年とする。)
つまり、1年間に3万円の利息を受け取ることができる債券です。(税金考慮せず)
その後、市場金利が5%に上がった場合、新たに市場金利で発行される債券や他の金融商品に投資し、運用した方が有利になる可能性が高いので、利率3%の債券は人気がなくなり価格が低下します。その時3%の債券は98万円近辺まで値下がりするでしょう。
なぜなら98万円で購入できれば償還期限には100万円が手に入り、最終的に2万円の利益と利息の3万円で収益が5万円となって、5%で運用できる債券や他の金融商品と同じ利益が得られるからです。市場金利が下がった場合は逆の原理が働きます。このような仕組みで債券価格と金利は一方が上がれば、もう一方は下がるという関係で連動しています。
(注)あくまでも参考情報です。必ずしもこのような動きをするわけではありません。

市場金利の影響による債券価格と金利の仕組み

また、一般的に、償還期限までの期間が長い方が価格の変動が大きくなります。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ