ページの先頭です

資産運用のリスクとリターン

自分のお金を増やすために、貯蓄したり投資したりすることを資産運用と言います。
資産運用を行ううえで、リスクとリターンの関係を知っておきましょう。
目的に応じた金融商品を選ぶために役立ちます。

資産運用のリスクとリターン

リスクとリターンとは?

株式や投資信託等の金融商品の価格は日々変動します。
株式に投資をすれば、配当や値上がり益等で収益を得ることも可能です。
この投資した資金で得られる収益のことを「リターン」といいます。
値動きが大きな金融商品への投資であれば、高いリターンを期待できる反面、大きな損失を被る場合もあります。
逆に、値動きの小さい金融商品への投資であれば、高いリターンは期待できませんが、その分、大きな損失を被る可能性も小さくなります。このようにリターンには振れ幅があり、この振れ幅のことを、投資においては「リスク」といいます。リスクは「危険」ではなく、プラスもマイナスも含む「運用結果の振れ幅」であることを覚えておきましょう。

リスクとリターンとは?

どんなリスクがあるの?

金融商品のリスクは結果的にその収益(リターン)の振れ幅を意味しますが、
その収益(リターン)を左右するさまざまなリスクがあることも覚えておきましょう。

リスク許容度を考える上でのポイント

金融商品によってリスクは異なります

リスク・リターン共に高いことをハイリスク・ハイリターンといいます。
反対に、リスク・リターン共に低いことをローリスク・ローリターンといいます。ローリスク・ハイリターンという運用商品は、原則としてはありません。一般的に、リスクが高いものほどリターンが高く、リスクが低いものほどリターンも低くなります。
  このように金融商品のリスクとリターンは表裏一体の関係にあるのです。金融商品ごとのリスクとリターンを知れば、目的に合った資産配分や金融商品選びができます。

金融商品によってリスクは異なります
相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ