ページの先頭です

あなたにあった運用をしてみましょう

これだけは知っておこう
資産運用の必要性その1「自助努力が必要な時代」

一人ひとりにとって資産運用などによる「自助力が必要な時代」と言われています。

資産運用の必要性その2「お金の価値と寿命」

資産運用にあたりまず知っておきたい2つのポイント、お金の「価値」と「寿命」。

お金を増やす方法「貯蓄」と「投資」そして「受け継ぐ」

お金をふやす3つの方法について。ためる「貯蓄」、ふやす「投資」、受け継ぐ「相続」。

運用のリスクとリターンについて知っておきましょう

資産運用にリスクはつきものです。リスクとリターンの関係を知っておけば、目的に応じて上手な運用商品選びができます。

リスク許容度を知っておこう

どのくらいまでならマイナスになっても大丈夫かという許容度合いのことを「リスク許容度」といいます。

分散投資のススメ

金融商品と上手く付き合うためには、リスクをコントロールすることが大切です。そのテクニックの一つが「分散投資」です。

長期投資のススメ

長期投資にはリスクを低くする効果があるだけでなく、利息が利息を生む「複利の効果」も期待できます。

自分に合ったポートフォリオを考えよう

運用資産の組み合わせのことを「ポートフォリオ」といいます。運用する資金を使用目的別に分け、それぞれのリスク許容度を想定しましょう。

投資商品について
株式投資とは

企業が事業資金を集める方法として「株式」の発行があります。株式を投資家に購入してもらうことで資金を集めます。

投資信託とは

投資信託とは、投資家から集めた資金をひとまとめの大きな資金とし、運用の専門家が株式の債券、不動産等に投資し運用する金融商品です。

債券投資とは

債券とは国や地方公共団体、事業会社、金融機関などが資金調達のために発行する、お金の貸し借りの証拠となる一種の借用証書のことです。

年金保険と終身保険

貯蓄性が高い保険を活用して将来のためのお金を準備することもできます。年金保険と終身保険がその代表格です。

ラップ口座とは

ラップ口座は、証券会社が投資家から資金を預かり、運用から管理まですべてを包括的に行う資産運用サービスです。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ