ページの先頭です

支出の固定費を見直して投資にまわせるお金をふやそう

お金をふやすためには、貯蓄や投資にまわす金額そのものをふやすことも一つの方法です。
収入から支出を差し引いた差額が貯蓄や投資にまわせる金額になります。
収入が変わらなくても「支出を減らす」ことができれば「残金」がふえて、貯蓄や投資にまわせるお金がふえます。

支出の見直しの中でも効果的なのは固定費の見直しです。毎月決まった金額が出ていく固定費は、一度見直しをして軽減するとその効果がずっと続くので、たとえ毎月の軽減額が少なくても総額にすると大きな金額になります。

支出の固定費の見直しで投資にまわせるお金をふやそう

見直しができる固定費にはどんなものがある?

家計の支出を大きく2つに分けると、「変動費」と「固定費」があります。変動費は食費や日常の消耗品費、水道光熱費などで、毎月使う量が異なり、それにかかる金額も異なるものです。
簡単にいえば、節約しようと思えば節約できるものです。

一方固定費は、毎月決まった金額が必ず出ていく性質のものです。主に契約で月額や年額が決まっているものとイメージしてください。固定費の代表格といわれるものには生命保険料や住宅ローンがあります。携帯電話の通信費も毎月変動はありますが、ベースの金額が決まっているので固定費に近いものになります。
その他スポーツクラブの会費やクレジットカードの年会費など、細かいものまで集めると、毎月の支出の中で、意外に大きな金額になりがちです。これらの固定費の中で見直しができるものがないか検討してみましょう。

見直しができる固定費にはどんなものがある?
貯蓄や投資にまわす効果

貯蓄や投資にまわす金額がふえた場合の効果を見てみましょう。例えば、固定費を見直すことで毎月1万円を貯蓄や投資にまわすことができたとします。1年間では12万円ですが、10年では120万円、30年では360万円と長期間で見れば大きな金額になります。また、ふやしたお金を再び貯蓄や投資にまわすことにより「複利」の効果も得られます。

たとえ毎月の金額は少なくても、期間が長くなれば複利効果も大きくなります。貯蓄や投資にまわすお金をふやすことができないか、毎月の支出を見直してみましょう。

<毎月1万円を積み立てて複利運用した場合>

毎月1万円を積み立て 表

※利息にかかる税金は考慮していません

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ