ページの先頭です

投資に回せるお金を見極めよう

自分のお金を分類してみよう

お金には、さまざまな使いみちがあります。日々の生活に必要なお金もあれば、将来使う予定のお金もあります。一方で、当面使う予定のないお金もあるでしょう。資産運用を行う前に、まずは、自分のお金を分類することから始めましょう。分類することで、どれくらいの資金を投資に回せることができるのか(リスク許容度など)が見えてきます。

自分のお金を分類してみよう

「しばらく使う予定のないお金」=「投資に回せるお金」の見極め方

しばらく使う予定のないお金、つまり、投資に積極的に回してもよいお金はどれくらいあるのかを見極めてみましょう。

「しばらく使う予定のないお金」=「投資に回せるお金」の見極め方

目的別にお金を分類する時は、「現在の貯蓄」と「毎月積立できるお金」の2つの視点で考えます。今の貯蓄の中から、当面の生活費や急な出費に備える資金を確保し、将来使うことがはっきりしているお金の予算を割り振ります。現在の貯蓄でこれらすべてを賄うことができなければ、毎月の積立で不足分を補います。

このように整理していくことで、しばらくは(10年以上目安)使う予定のないお金がどれくらいになるのかがわかります。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ