ページの先頭です

セカンドライフに必要なお金の話 相続のことも考えよう セカンドライフに必要なお金の話相続のことも考えよう

相続のことも考えよう

セカンドライフで考える“相続”

相続は資産家だけではなく、誰にでも関係する共通の課題です。
税金がかかるか、かからないかは関係なく、誰がどの財産を受け継ぐ(相続する)のかなど、事前に家族や親族で話し合う等、対策を考えておくことも重要です。
セカンドライフを迎えるにおいて真剣に考えなければならない大切なテーマであることを覚えておきましょう。

相続の対策って何をするの?

財産を把握する

財産に関係なく相続は発生します。
しかし、財産がどれだけあるのかを家族が共有しているとは限りません。
相続対策をするには、財産の把握は最初にすべき必須事項です。

財産を把握する
遺産分割に備える

相続で最も問題になるのは、遺産分割です。誰にどれだけ財産を引き継ぐのかは、事前に話し合い、もめ事が起こらないようにする必要があります。
たとえば財産が家一軒であったとして、家を相続人複数で分けるのは現実的ではありません。財産に関係なく、財産の分け方を事前に取り決めておけば、相続がスムーズに行えます。

【対策方法】遺言書の作成、生命保険で分割資金の準備 遺産分割に備える
納税資金を準備する

財産が多い人は相続税の納税資金の準備も必要です。
特に、金融資産が少なく財産の大半が不動産である人、また、地価が高いところにマイホームを持っている人などは、納税資金の準備が必要になる可能性が考えられるので、事前に試算してもらうことをオススメします。
不動産を売却して納税する方法もありますが、納税のタイミングに不動産がスムーズに売れるとは限りません。守りたい、住み続けたい土地であれば、なおさら納税資金の準備が必要になります。
不動産に限らず財産が多い人は、納税資金の準備をすることで、今の財産を守り、引き継ぐことができるのです。

【対策方法】生前贈与による相続税の軽減、生命保険で納税資金を準備 納税資金を準備する

もめる相続は“争族”になる

相続が発生してから家族や親族で話し合うのでは、もめ事が起こることも少なくありません。
誰が何を相続するかを事前に決めておくことは、相続対策にとって重要なアクションであると言えるでしょう。

自身の最後の思いとして、誰が何を相続するかを書面にして管理しておくのが遺言書です。事前に明文化しておけば、相続がスムーズに行われます。
遺言について

全国の家庭裁判所への遺産分割調停の新受件数の推移

<出所> 最高裁判所「司法統計」より

また、不動産等分割しにくい資産のある人は、その代わりに生命保険で分割資金の準備をするといった対策もできます。

【参考】公正証書遺言と信託銀行の遺言保管件数の状況

<出所> 日本公証人連合会統計による、一般社団法人信託協会調べ

納税資金は大丈夫ですか?

財産が多く、その中でも不動産の占める割合が多い人や、財産は多くなくても地価が高いところに住んでいる人は要注意です。相続税は原則現金で支払わなければなりません。物納という方法もありますが、それでは思い出深い財産を残すことができなくなるかもしれません。生前贈与による節税や生命保険による納税資金準備などで、あらかじめ対応策を考えておく必要があるでしょう。
相続手続き

相続財産の内訳

<出所> 国税庁「平成27年分の相続税の申告の状況について」より

平成27年分の相続税の申告・納税状況について

<出所> 国税庁「平成27年分の相続税の申告の状況について」より

まずは財産を把握し、専門家に相談しましょう

相続は、誰もが直面することです。財産をスムーズに相続するためにも事前にしっかり家族と話し合い、対策を考えておくことが大切です。
相続のことは難しいことが多いかもしれません。家族と相談しながら専門家の力を借りるとよいでしょう。金融機関・税理士・ファイナンシャルプランナー等が相談に乗ってくれます。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ