ページの先頭です

現役時代のライフイベント【出産・育児】 現役時代のライフイベント出産育児

これだけかかる出産時のお金

出産・育児にどれくらいお金がかかるかは、経験してみないとなかなか想像できないことかもしれません。周りの知人・友人などに聞くことも有効な方法ですが、ある程度の目安を知るうえで次のデータを参考にしてみましょう。

出産時にはどのような費用がかかるのか、その目安がわかります。特に第一子の場合はわからないことが多いと思いますので参考にしてみてはいかがでしょう。

全国の平均的な出産費用

(費用の内容:入院、室料差額、分娩、新生児管理保育、検査・薬剤、処置・手当、産科医療補償など)公益社団法人 国民健康保険中央会「正常分娩分の平均的な出産費用について(平成27年度)」より

これだけかかる育児のお金

育児にどれくらいお金がかかるかは、周りの知人・友人などに聞くこともできますが、ある程度の目安を知りたいなら次のデータを参考にしてみましょう。

一人当たりの年間の子育て費用

衣類・服飾・雑貨費、食費、生活用品費、医療費、保育費、お祝い行事関連費、保険、レジャー・旅行費などの合計は、毎年100万円前後もかかるという調査もあります。

一人当たりの年間の子育て費用 イラスト
内閣府「インターネットによる子育て費用に関する調査」

内閣府「インターネットによる子育て費用に関する調査」より

出産・育児のライフステージに向けたお金の準備は?

子どもができると急に支出が増えるようになります。
また、共働きの場合は、妻が仕事を辞めたり、育児休暇を取得すると、収入が減って家計の収支が大きく変化します。出産・育児を考えるうえで、結婚後すぐにでも準備を始めることが重要です。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ