ページの先頭です

ライフイベントごとの「お金」の考え方 ライフイベントごとの「お金」の考え方

就職、結婚、出産・子育て 就職、結婚、出産・子育て

学校を卒業し社会に出て働き始めると、収入を得て経済的にも自立します。独身時代はお金の使い道を自分だけで決められることができますが、
結婚して家庭を持つと、出産・子育て、マイホーム購入等家族単位でのお金が必要になります。
若い時から、将来を視野にいれたライフプランとマネープランでお金をためて・ふやす習慣を身につけましょう。
一方では、キャリアアップや趣味を満喫するなど、今だからできる「自分磨き」にもお金をかけることも忘れずに。

就職、結婚、出産・子育て等新しい人生がスタート 就職、結婚、出産・子育ての「お金の働いてもらい方」

家族の成長期 家族の成長期

現役バリバリで働いている40代・50代は、
子どもの進学費用や住宅ローンの返済、結婚資金援助等一般的に支出が増加します。
家計の収支を見直し、ライフプランの優先順位を再度検討しましょう。また、人生の折り返しにあたって、40代・50代からの準備がセカンドライフの質を大きく左右します。退職後の暮らし方や家計を具体的にイメージして、少しでも早く準備を開始しましょう。

子どもの成長期にかさむ支出のやりくりと、退職後のセカンドライフに向けて準備 家族の成長期の「お金の働いてもらい方」

セカンドライフ セカンドライフ

日本人の平均寿命は、2016年の調査によると男性80.98才、女性87.14才(注)です。老後の生活が60歳からだとすると、約20年以上あります。
生活費はもちろん、医療・介護費用の確保のほかに、次の世代へ資産を遺すための相続準備等、
お金のことで検討する課題はたくさんあります。一方で、現役時代にはできなかった趣味や旅行の計画ももりだくさんではないでしょうか?
今ある資産をきっちり把握して、セカンドライフのマネープランをしっかり立てましょう。
(注)平成28年厚生労働省「簡易生命表」より

セカンドライフの生活資金と「いざという時」に備える
セカンドライフの「お金の働いてもらい方」
相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ