ページの先頭です

投資は生涯学習 投資は生涯学習

投資には知識が必要

投資には知識が必要

投資は貯蓄とは違い、自分自身で投資対象や売買のタイミングを判断する必要があります。投資をするときに、経済動向・景気動向・企業業績・政治・政策・為替動向等の知識があれば、より深い考えに基づいた投資が可能となります。投資のために情報収集を行い、知識が身に付けば、より効果的な投資が行えるようになります。

投資の知識は役に立つ

投資に関して必要な知識は、経済そのものの知識です。投資を行うことで、政治や経済等の動向に関する情報を意識するようになり、知識が身に付きます。この知識は、社会人として必要な知識ですので、投資を行うことは自身の教養を高めることにつながるでしょう。世の中の仕組みやお金の流れが分かることは、人生を豊かにすることにもつながります。

運用ノウハウを身に付け効果的なお金の準備を

運用ノウハウを身に付け効果的なお金の準備を

投資には知識の他に経験も必要です。金融商品の値動きは、企業業績や経済動向などといった理論的な背景のある要因と、買い手と売り手の需要と供給といった目先の要因等があります。投資をはじめたばかりの頃は、短期的な値動きに一喜一憂することもあるでしょう。
投資の経験を積むことによって、目先の要因に囚われることなく、中長期的な要因を考えて投資判断を行うことができるようになりますので、自分にあった運用ノウハウを身に付けることで、より効果的にお金の準備を行うことができるようになります。

将来、資産運用が必要になる

将来、資産運用が必要になる

人生においては、相続や退職金(サラリーマンの場合)等で、まとまったお金を手にすることがあります。こうしたお金を手にしてからお金の運用を考えても、上手な投資はできません。また、あなたが所属する会社が確定拠出年金を導入した場合、年金に関しても自己責任での運用が必要となります。その時に慌てず自分のライフプランに合った資産運用を行うためにも、将来に備えて、若い時期から少しずつ投資の勉強をすることが必要です。相続資金や退職金というまとまったお金をいきなり運用することにならないよう、少しのお金から投資を始めて資産運用のノウハウを身に付けておくことが大切です。

少ないお金から投資をはじめてみよう

資産運用をはじめてからでも

まとまったお金を運用する場合でも、学ぶことに遅すぎることはありません。投資が自己責任である以上、運用する前にどういうリスクが許容でき、期待できる収益はどれくらいか理解した上ではじめましょう。自分の投資プランを明確にしておけば、アドバイスを受ける際にも有益です。

また、運用を開始して、当初の想定通りにならなかった時こそ継続学習の必要があります。上手くいかないときは、何かを理由にしたくなります。投資信託であれば、運用成績が良くない、この商品は悪いものなのかと性急に決めつける前に、投資信託の運用目的通りに運用されているか、投資先の資産価格の今後の見通しはどうか、冷静にこれらの情報を得ることで、保有し続けるかどうかの判断を行いましょう。
個別株式であれば、その企業そのものの要因で下げているのか、市場全体の要因で下げているのかなどを知ることが重要です。個別企業そのものの業績が悪くないのに、市場全体の要因で売られている場合は慌てて売却するよりも保有したほうが良いと判断できることもあるでしょう。学習も継続してこそ、有益な経験値が蓄積されます。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ