ページの先頭です

少ないお金から投資をはじめてみよう 少ないお金から投資をはじめてみよう

投資がはじめての人のはじめの一歩とは?

投資を経験したことがない人にとって、株式や債券、投資信託等で“自分が投資した金額が変動する”ことは、未体験であり不安もあるでしょう。
そこで提案です。投資ははじめてという人は、まずは少額からはじめてみてはいかがでしょうか? 投資をすでに行っている人のうち、約7割の方たちも最初は100万円以内から投資をはじめています。(みずほ証券にて実施したアンケート結果より(20歳以上の男女1,656人から回答)2015年1月実施) 株式の中には数万円程度から投資できる銘柄もありますし、投資信託にも1万円前後から投資できるものがあります。NISA(少額投資非課税制度)を使えば、非課税の恩恵を受けられる商品もあります。まずは少額投資で慣れてから、だんだん金額を増やしていってもよいでしょう。

NISAとは

投資がはじめての人のはじめの一歩とは?

まずは口座を開設!

まずは口座を開設!

証券会社を利用する時は、銀行と同じように「口座開設」をします。口座開設をしたら指定の口座に入金して、そのお金で投資をするといった仕組みです。
まずはお近くの支店の窓口またはインターネットで口座開設をしましょう。

投資対象を選ぶ

次に何に投資するかを決めます。投資の対象は、株式・債券・投資信託などがあり、それぞれの金融商品にもさまざまな種類(銘柄)があります。一般的に、株式は高リスク・高リターン、債券は低リスク・低リターン、となります。これらの投資対象資産を組み合わせて商品にしたものとして投資信託もあります。
何を選べばいいか分からない場合は投資信託がお勧めですが、個別の銘柄を購入するよりも手数料が高くなる場合があるので、注意が必要です。また、債券は預金と同じく満期がありますが、株式には満期がありませんので、株式に投資した場合は売却するタイミングの判断も重要となります。

株式投資とは 投資信託とは 債券投資とは

  

値動きを見る

投資をはじめたら投資した金融商品の値動きが気になるものです。特に株式は毎日上がったり下がったりするため、一喜一憂して他のことに手が付かなくなってしまうかもしれません。株式は買い手と売り手の関係(需要と供給)で頻繁に値が動きます。
しかし、短期の値動きに左右されず中長期的な値動きの要因を知ることが大切です。株式の場合、投資した企業の収益・資産・新商品等の状況のほか、経済動向・政治動向・為替動向などの世の中の状況が、値動きの要因となります。

値動きのリスクに対処するには?

自分が投資した資産の価値が上がったり下がったりするのは、投資では自然なことです。そんな状況でも不安なく投資を続けるためには「分散投資」をすることを覚えましょう。一つの銘柄、あるいは通貨に投資をしていると、下がった時にその損失を埋め合わせすることはできませんが、例えば、値動きがお互いに逆に動くものに投資をしていれば、一方の値下がりをもう一方の値上がりで埋め合わせしてくれることがあります(投資対象の分散)。
また、短期間での投資金額の全額を一括投資するよりも、長期間、何回かに分けてコツコツ投資する方が、リスクを減らすことができるといわれています(時間の分散)。不安を少なく投資をするなら「分散」「長期」がキーワードです。

分散投資のススメ 長期投資のススメ

値動きのリスクに対処するには?

投資の醍醐味は?

投資の醍醐味は?

投資の醍醐味は、経済の成長と共に、投資したお金も成長していくことです。投資家の中には売り買いのテクニックによって儲ける人もいますが、投資本来の姿は“経済への参加”です。お金を必要とするところへ自らのお金を投じ、その見返りが自らの利益となって返ってくるのが投資です。
ただし、その見返りを求めるためにはリスクを受け入れる必要があります。「分散」「長期」を肝に命じて、無理のない範囲で投資をすることが大切です。

投資の心構え

よさそうな儲け話は今も昔も多いはず。誰かが何かで儲けたという断片的な話につられていては投資がうまくいくはずはありません。自分で投資金額や投資方法などの方針を決めて、それを守り、必要に応じてその方針を見直してみる、そんなスタンスを心がけてください。

相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ