ページの先頭です

不動産オーナーの場合 職業別にお金について考えてみましょう不動産オーナーの場合

不動産は、安定的な収入は見込めても、すぐに売却できない場合があります。
相続等の準備は早めに行いましょう。

売却しにくい不動産の相続対策は早めに。不動産に資産が偏り過ぎないようにしましょう。

不動産の経営は自分の所有地に貸家を建て、入居者を確保できれば総じて高い利回りが望めます。しかし、資産が不動産に偏りすぎているとまとまった現金が必要となった場合や、残された家族が相続税を現金納付する場合に、すぐに現金が準備できないという問題が生じます。
売却しにくい不動産を売却しやすい不動産に買い替える、あらかじめ不動産を売却して、証券や保険等換金性の高い資産に変えておくなど、自身の老後だけでなく、残された家族のことも視野に入れた対策を早めに立てておきましょう。

売却しにくい不動産の相続対策は早めに。不動産に資産が偏り過ぎないようにしましょう。

借地権者との契約内容を確認しておきましょう

借地権が設定されている土地の所有者と借地権者との契約が書面で残されていないケースも多く見られます。代替わりした場合にどのような約束が交わされていたかがわからず、もめることも少なくありません。あらかじめ契約内容を家族等相続する人にしっかり伝えたり、書面に残すなど対策をしておきましょう。

借地権者との契約内容を確認しておきましょう
相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ