ページの先頭です

職業別の「お金の働いてもらい方」会社員・公務員 職業別の「お金の働いてもらい方」会社員・公務員

企業や公共団体に勤めている人は何よりも「資産運用の計画性」が大切です。
早めに「いざという時」「老後」の備えをしておきましょう。

自分がどのような年金制度に加入しているかをよく知りましょう。

将来もらえる年金は、加入している年金によって異なります。会社員、公務員であれば、厚生年金に加入しているので、国民年金と厚生年金を受給できます。会社によっては、プラスして受給できる企業年金の制度があるので、自分はどのような年金に加入しているかを確認しておきましょう。

いつからいくらもらえるのか?セカンドライフの資金はまかなえるのか?などについて調べ、考えてみましょう。

年金制度の概要
自分がどのような年金制度に加入しているかをよく知りましょう。

自分の会社の退職金制度と退職金の額について把握しましょう。

それぞれの企業や団体によって、退職金制度はさまざまです。リタイア時に退職金はあるのか、あればいくらくらいになるのかによって、セカンドライフのマネープランは大きく変わってきます。自助努力でどのくらいを準備しなくてはならないかを知るためにも、退職金については把握しておきましょう。

20~30代の人は早めに投資を始めて時間を味方につけておきましょう

投資のコツの一つが長期投資。20〜30代であればセカンドライフの準備にはまだまだ時間があります。確定拠出年金制度やNISA等をうまく利用し、お金にも働いてもらいながら、投資知識を身につけていきましょう。

20~30代の人は時間を味方につけて早くから投資をやってみよう
相談会予約 口座を開設する お近くの店舗を探す
ページの先頭へ